店にも防災グッズは完備しておこう!熊本震災に被災した私がオススメする防災グッズ!

最近日本各地で、地震や豪雨など様々な震災が頻繁に起きています。

私の地域は大丈夫だろと思うかもしれませんが、私も熊本に住んでいるときにまさか震災に遭うなんて微塵も感じませんでした。

しかし、実際に震災に遭遇してみると、自然災害への備えは日ごろからすべきだと実感しました。

ここでは、防災グッズの重要性とオススメの防災グッズを紹介したいと思います。

スポンサーリンク



被災したらどうなる?

震災に遭ったときのことで話をします。

震災に遭うと全てのライフラインが利用できなくなります。

まあ、簡単に言うと、水道、電気、ガスが使えなくなるということですね。

ただ水道に関しては直後はまだ使えることがあるので、お風呂に水を溜めることが重要なのですが、初めて被災するとそこまで機転が利く方は少ないと思います。

ですので、ガスも大事なのですが、まずはライフラインの中でも特に水と電気を確保することが最優先になってきます。

水の重要性

被災したらとにかく水の確保が最優先です。

食べ物も大事なのですが、水があれば数日は生きていけます。

また、水道が止まるとお風呂に入れなくなるばかりでなく、トイレも使用できず、ちょっとしたことで日ごろ手を洗うと思いますが、それもできなくなって不衛生になります。

普段では何ともないウイルスにやられて、病気になってしまうとかなり深刻な状況になってしまいます。

私は水道が止まって、お風呂に入れなかったことが一番辛かったですね。

頭も洗えないですし、臭いがやはり気になりました。

デオドラントスプレーやボディーシートで臭いをごまかしていましたが、精神的にきつかったです。

臭いと同じでトイレも利用できるところを探すのが大変でした。

水を確保するのは飲み水としてだけでなく、生活用水で使用できるほどのストックを確保しておくことが大切です。

水は生きていく上で、様々な用途に利用されているので、日ごろ蛇口をひねったら水が出てくる環境が凄くありがたいことなのだと実感しました。

電気の重要性

水と同様に重要なのが電気です。

電気があれば、外部の情報を得ることができるだけでなく、精神的に追い詰められることが和らぎます。

ほとんどの方が携帯電話を身につけていると思いますが、通常よりも連絡を取ったり情報を得ようとしたりしますから、あっという間に電池が無くなってしまいます。

携帯が切れたら負けと言っても過言ではないほど、被災したときは携帯を使える状態を維持することが大切です。

また、電気を使えるということは、明るい環境で過ごすことができるということです。

この明かりが非常に大切で、真っ暗な環境で過ごす時間が長ければ、それだけ精神的にかかるストレスが明るい環境で過ごすよりも大きくなります。

想像していただければ分かると思いますが、電気もつけずに真っ暗な部屋のままで1日中過ごしていたらどうなりますか?

日中はいいですが、夜になると多少は暗闇に慣れるとしても、真っ暗の中で行動することにはかなりの制限がかけられますよね。

文字が見えなかったり、色んなところに身体をぶつけたり。

思い通りに行動が出来なくなるので、イライラしたり何もする気が起きなかったりして、気持ちが滅入ってしまうのです。

ですので、暗闇で行動を制限されないように準備をしておかなければなりません。

被災時に必要な物

水と電気

水は飲み水だけでなく生活用水が必要で、電気に関しては、電気を発電できる物を備えておきましょう。

電池を使わずに手回しレバーやソーラーで充電できるライトがあればいいですね。

水と電気は想像つくと思いますが、他にも必要な物がたくさんあります。

防寒具

例えば、被災した時期が寒い時期だったらどうでしょう?

温かい布団の中で眠れる状態であればいいのですが、もし地面に横たわって寝なければならない状況だったら、もし布団代わりになるような物がなかったらかなり辛いですよね。

ですので、防寒具が必ず必要です。

ただブランケットでは持ち運びも大変ですし、濡れていて使えない状況もあるでしょうから、なるべく持ち運びが簡単なアルミ製のブランケットがオススメです。

アルミホイルを全身に巻くような感覚で、一度私も使ったことがありますが、保温効果が高くて軽いのでとても便利だと思いました。

飴やガム

軽く口に出来てエネルギーを補給できる飴やキャラメルはとても重要です。

ガムはストレス軽減にもいいですし、空腹を紛らわしてくれるのでオススメです。

常に飴やガム、キャラメルは持ち歩くといいですよ!

救急セット

ガラス片や転倒で怪我をすることがよくあります。

また、急な発熱もよくあるので、擦り傷や切り傷を手当てできる救急セットと、風邪薬は必ず用意しておいた方がいいです。

ただでさえ不衛生な環境で生活しなければならないので、傷を放置していると悪化してしまいますからね。

風邪薬もそうですが、目薬や鎮痛剤も備蓄しておくとかなり助かると思います。

簡易トイレ

水道が使えなくなることが多いので、トイレを使用することができません。

トイレが使えないという状況はかなり辛いです。

使えるトイレを探すのにかなり手間がかかりますし、見つけたとして長蛇の列が出来て、自分の番が回ってくるまでかなり待つことになります。

そうなると余裕を持って行動をしなければならなくなるので、急にトイレに行きたくなった場合、どうなるかもう想像付きますよね?

ですので、簡易トイレは準備しておくと、精神的に余裕を持てるようになりますよ。

サランラップ

水が使えないという状況をイメージしていただくと、サランラップの活躍がお分かりになられると思います。

皿にラップを巻いて使用すると、使用後に皿を洗う必要がないですし、皿が無くてもダンボールなどにサランラップを巻けば簡易皿ができます。

私もサランラップは愛用しましたので、防災グッズにぜひ加えて欲しい物ですね。

オススメ防災グッズ

これまで被災に遭ったときに準備しておいた方がいい物を紹介しました。

もちろん、それぞれ買い揃えて管理していただければいいと思いますが、必要な物が全て一式揃った防災セット【ディフィンドフューチャー】という防災グッズセットがオススメです。

特にこの防災グッズのダイナモLEDラジオライトがかなりオススメです。

ラジオやライトを使えるだけでなく、USBケーブルに対応しているので、手回しやソーラーで発電した電気をスマホの充電に利用できちゃうんですよね。

ですので、これさえあればスマホの電池切れを心配することなく利用できます。

水や食料も付いているので安心ですが、さらにエアーマットが付属しているのが、さらにポイントですね。

空気で膨らまし、硬さを調整できることと、冷たい地面から体温を奪われるのを防いでくれますね!

防災グッズは、家庭もですが職場にも必ず置いておいた方が絶対にいいです。

特にコンビニでは、翌日から臨時で営業しなければならないことがほとんどですので、防災グッズは完備しておくことをオススメします!

防災セット【ディフィンドフューチャー】購入はこちら

ディフィンドフューチャー

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク