オススメのストレスの対処行動!コーピングスキルを向上させるためには?

ストレスを溜め込まずに軽減するための対処行動をコーピングと言うのですが、コーピングの仕方でストレスの感じ方が大きく変わってきます。

今回はコーピングのスキルを上達させるためにはどうすればいいかについてお話をしたいと思います。

スポンサーリンク



コーピングの種類

ストレスに対処するための行動をコーピングと言うのですが、ストレス反応の発生や反応の程度を抑制させる働きがあります。

仕事で失敗したり人間関係に上手く行かなかったりすると、お酒を飲んだり甘いものを食べたりして嫌なことを忘れようとしますよね?

まさしくその行動がコーピングです。

コーピングには問題焦点型コーピング情動焦点型コーピングの2種類あります。

問題焦点型コーピングは、簡単に言うとストレスの原因そのものを解消しようとする行動です。

例えば、気が合わない人と職場が同じになった場合、ビジネスパートナーとして相手を理解しようとコミュニケーションを図って、気が合わない人と一緒に仕事をするという状況そのものを無くそうとする行動です。

情動焦点型コーピングは、ストレスを抱いている状態を緩和させる行動、俗にいうストレス解消のことです。

先ほどのお酒や甘いものを飲んだり食べたりしてストレス解消をする行動は、情動焦点型コーピングです。

ストレス要因に対するコーピングのコツ

ストレスを感じるということはストレスを生み出す原因があるはずです。

その原因を改善しなければ、いつまで経ってもストレスを受け続けることになります。

ですので、ストレスを対処する上で、問題焦点型コーピングは重要なのです。

問題焦点型コーピングをするには、2つの方法があります。

ストレスの原因を取り除く方法とストレスを感じないようにする方法です。

ストレスの原因を取り除く方法はそのままの意味ですが、職場などの社会では現実的にストレスの原因を取り除くことは難しいです。

例えば、恐い上司と一緒に仕事をしなければならない状況が続いているとしたら、それだけでストレスを感じてしまうでしょう。

ここでは「上司と一緒に仕事をする」がストレスの原因になっていますが、上司を変えたり、気が合う上司の部署に移動したりといったことは現実的に厳しいですよね。

ですので、問題焦点型コーピングは、原因を取り除くのではなく、ストレスをストレスと受け取らないように気持ちを切り替えることが重要です。

その状況をストレスと感じる人は、上司から「いつ怒られるかわからなくてびくびくしている」「自分に自信がない」「上司から怒られるのが嫌」といったマイナスの感情を抱いていることが多いです。

そのマイナスの感情がストレスの原因になっていることがあるので、これらのマイナスの感情を取り除くことが必要です。

「怒られたら嫌だ」と思うのではなく、「人間は誰だってミスをするから怒られたって仕方がない。同じことで怒られないように気をつけよう」「怒られたところで給料は減らない」「怒られた分だけ成長に繋がる。怒られてもいいから積極的にアピールしていこう」と前向きに考えるようにしましょう。

問題焦点型コーピングのコツは、ネガティブに考えがちなことをポジティブに考えることです。

働いていれば嫌なことの1つや2つありますから、それを成長のチャンスと捉えることができれば、問題焦点型コーピングは簡単にできるようになるはずですよ♪

ストレス反応に対するコーピングのコツ

人間はストレス状況下にあると、怒りや不安、焦りなど感情や気分の変化が見られたり、筋肉の緊張、心拍数増加、血圧上昇といった身体的な反応が現れます。

そういったストレス反応を和らげるために情動焦点型コーピングを行います。

お酒や甘いものなど自分の好きな物を飲食することでストレスを軽減させることもできるのですが、ストレスを抱える度にそうしたストレス対処をしていると、生活習慣病を引き起こし、ストレスを軽減させてたつもりが、より大きな病気を引き起こしてしまったなんてことも起こり得るので、私はあまりオススメしません。

精神的な反応に関しては、音楽や香り、ヨガなどリラックス効果のあるリラクセーションを、身体的な反応に関しては運動をオススメします。

ストレス物質であるコルチゾールを消費することがストレス対処において重要なので、ウォーキングやサイクリングのような脂肪を燃焼させる有酸素運動をしてコルチゾールを消費しましょう。

コーピングを上達させるには?

コーピングの方法を知っていても実践できなければ全く意味がありません。

コーピングが上手になるためには、実践をして場数をこなすことが重要です。

また、コーピングは、自分の好みのコーピングに偏ることがあるので、自分のコーピングの癖を把握するようにしましょう。

例えば、むかつくことが起こる度に、友達に愚痴を聞いてもらう。

これは、情動焦点型コーピングなのですが、こればかりを実践していても何も状況は変わりませんし、いつまで経っても問題焦点型コーピングが上達しません。

愚痴に付き合わされる友達のことを考えればいつまでもそのままではダメですよね。

ですので、ストレスを感じたときはそのストレスの要因によって、問題焦点型コーピングと情動焦点型コーピングを使い分けることが、コーピング上達のコツです。

人間は誰しも楽な方を選びがちなので、どうしても情動焦点型コーピングに頼ってしまいますので、意識して問題焦点型コーピングを取り組むようにしましょう!

コーピングの仕方でストレス状況下での立ち回り方が大きく変わってくるので、ぜひコーピングをマスターしていただきたいと思います。

そのためには、問題焦点型コーピングと情動焦点型コーピングを上手く使い分けて、自分の感情をコントロールできるようになりましょう♪

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク