これだけは守ろう!コンビニのバイトを辞めるときのマナーとは?

コンビニで働いている人のほとんどがアルバイトです。

長期的に働いている人もいますが、だいたい数ヶ月から数年で退職することになると思います。

今回は、アルバイトを辞めるときに運営側がこれだけは守ってほしいと思っていることを紹介致します。

スポンサーリンク



辞める意思をはっきりと伝えよう!

コンビニはバイトを始めやすく、他の業種に比べると比較的簡単に採用してもらうことができる業種です。

ですので、安易な気持ちで働き始めた人は、コンビニで働くことの大変さを実感し、すぐに辞めていく人が多いのが現実です。

そして、すぐに辞める人は店長に辞めることを伝えないまま、来なくなるケースがほとんどです。

働き始めて1ヶ月経たない内に辞める人は、急に店に来なくなる人が多いです。

当然そのスタッフを込みでシフトを組んでいるので、急に来られなくなると責任者や他のスタッフは多大な迷惑を被ることになります。

そして何も言わないまま急に辞めたことで、辞めた人はその店を利用し辛くなることは明白です。

自分に都合が良いから働く場所をそこに決めたと思うのですが、辞めた後働いていたコンビニを利用できないことを不便に思うことが必ず来ます。

ですので、急に何も言わないまま辞めることは、本人も店の誰も良い思いをしなくなるので、悲しいことにならないように必ず事前にはっきりと辞めることの意思を伝えるようにしましょう!

正直言いますと、店長は採用した人全てが長く続くとは思っていません。

寧ろすぐに辞めると思っているくらいです。

どの店も人手不足で、面接する際は比較的易しめに見て、よっぽどの難があるか店と条件が合わないかでしか落とすことはありません。

ですので、「この人はすぐに辞めるかもしれないなぁ」と思いながら採用することだってあるのです。

何も言わずに急に辞めていく人は、「採用してもらったばかりなのにすぐ辞めるとは言い辛い」という心理が働いた結果、そのような行動をとるのでしょうが、店長は採用時にある程度の覚悟はできています。

採用したばかりの人にすぐ辞めると言われたところで、始めは残念と思うかもしれませんが、意外と次の採用活動に気持ちを切り替えられるものなのです。

寧ろ採用してすぐに辞められることよりも、何も言われないまま急にいなくなられることの方が辛いです。

前もって辞めることを伝えてもらえると、他のスタッフに依頼する時間もあり、自分のスケジュールを再調整して、シフトをなんとかやりくりできるのですが、急に辞められるとそのスタッフの穴埋めをするのが後手後手になり、気持ちの整理がつかないまま責任者や他のスタッフが労働を強いられるのです。

そうなると、店に残された責任者やスタッフは、辞めた人に対してあまりよろしくない感情を抱くことになります。

ですので、採用してもらった以上は、働いた期間が短かったとしても、辞めることを伝えるのがマナーです。

辞める時期を考えよう!

バイトをしている人は必ず辞めるときが訪れます。

コンビニのバイトの半数を占める学生は卒業シーズンの2月3月で辞める人が多いでしょう。

ですので、進学や就職で辞める以外の場合は、学生が一度に辞める時期を避けるようにしましょう。

特に2月3月は人が離れていく時期なので、採用活動をしてもなかなか人が集まりません。

ですので、止むを得ない事情があれば仕方がないですが、緊急でない場合は、比較的人が集まりやすい5~7月か9~11月にしましょう。

お金を稼ぎたい人が多く現れる時期で店側も人手を確保しやすく、また、求人を出す店が増える期間でもあり、辞める本人も仕事を探しやすい時期なので、これらの期間がオススメです。

辞めた後の店のことも考えてあげると気持ち良く辞めることができますよ♪

もし学生で卒業と共に辞める場合は、後輩を店に紹介してあげると店長はすごく助かると思います。

このような配慮ができる人であれば、新天地に行っても活躍できること間違い無しです!

店から借りた物は責任を持って返そう!

働いている期間中は、ユニフォームなど店から支給された物を使っていると思います。

辞める際は必ず借りた物は返却するようにしましょう。

特にユニフォームは基本的に使い回しているので、返ってこなければ新たに発注しなければならず、店の負担になるのです。

ユニフォームも安くないですからね・・・。

辞めるという意思を前もって伝えていれば、辞めることに対して後ろめたさも無くなると思います。

最後は責任をもってクリーニングに出し、綺麗な状態にしてから採用してくれたことに対する感謝の気持ちと一緒に渡すと、お互い気持ち良く次のステップに進むことができるはずですよ♪

1ヶ月前には辞める意思を伝えよう!

辞めることを決意したら必ず辞める時期が分かった段階で、店長に報告するようにしましょう。

目安としては店長が翌月のシフトを作り出す前には報告した方が良いです。

シフトを作った後に辞めることが分かればシフトを作り直さなければならず、人手を確保することが難しくなるからです。

自分が辞めた後のことを考えると、遅くてもシフトを作る前には報告しておいた方が、店長の傷も小さくて済みます。

世界は狭いので、どこでまた関わることになるかわかりませんから、良好な関係のまま辞めるようにしましょう。

店長はすぐに辞められることに慣れているものなので、すぐに辞めると言ったからといって、関係が崩れるわけではないですよ♪

辞めた後もお客さんとして交流できるようになった方が良いですからね!

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク