心構えが重要!店長が変わるときにアルバイトに気をつけて欲しいこととは?

コンビニの店長はオーナーとの契約を元に働いているので、いずれ店長が変わるときがやってきます。

今回は店長が変わるときにアルバイトの皆さんに気をつけて欲しいことを紹介します!

スポンサーリンク



働き方を引きずらない

お店のルールは基本的に店長次第で決まります。

つまり、店長が変わった瞬間に別の店舗で新しく働き始めると思った方がいいです。

店長が変われば、発注量や労働の優先度、シフトの組み方なども当然変わります。

しかし、働いているスタッフは変わらず、前任の店長のやり方で長期間働いているので、自然と身体が動くくらい労働スタイルが染み付いているでしょう。

そんな状態で、働き方が急にガラッと変われば、働いているスタッフからすると違和感しかなく、これまで当たり前のようにやっていたことをしなくなったり、新任の店長から否定されたりすると多少は戸惑いも生まれるはずです。

ですので、店長が変わったら、これまでとは全くの別の店舗で働き始めるという心構えでいる方が、混乱を免れると思います。

実際は前任の店長のやり方の名残はあるかもしれませんが、心構えとしては新しい店で働き始めるんだという気持ちでいると、新店長のやり方に馴染みやすくなると思いますよ♪

疑問や不満を残さない

新店長のやり方に少なからず疑問を抱くのは当然です。

これまで当たり前のように行ってきたことが変わるのですから、戸惑いを感じるのはしょうがないことです。

しかし、戸惑いつつも新店長の方針に従っていかなければならないので、初めのうちはストレスを感じてしまいます。

そこで、多少環境の変化によるストレスを減らすために、疑問や不満に思ったことをそのまま自分の中に溜め込むことを辞めるようにしましょう!

もし勤務の方針が変わり、「なぜやり方を変えるのか」「どうして今まで通りではダメなのか」と思うことがあれば、そのままにするのではなく、直接疑問や不満を新店長に言うことをオススメします!

働き方を変えるには必ず理由が存在します。

本来新店長は方針を変える際、目標と理由をスタッフに伝えた上で実行するのが自然な流れなのですが、働き方の変化により疑問や不満が生まれるときには、新店長とスタッフ間で意思の疎通が不十分であることが多いです。

問題点に気づき改善しようと実行している店長本人は、働き方を変えることにスムーズに取り組めますが、何も伝えられていないスタッフ達は当然納得がいかないわけです。

ですので、店長からアクションも無く、独断で行動している場合は、直接店長の意図を尋ねるようにしましょう。

変更の理由が分かれば、働き方を変える意味を理解しながら働くことができるので、スタッフも最初は違和感があるかもしれませんが、不満にまで至ることを阻止できるはずです。

一番避けなければならないのは、働き方の変化に納得しないまま働くことです。

納得しない状態で働くとそれだけでストレスになってしまい、新店長に対して不信感を持ってしまう可能性があります。

店長が変わったときのストレスを減らすためには、疑問に思ったことはすぐに尋ね、一つ一つ変化に納得した上で働くようにしましょう!

とりあえず従ってみる

店長が変わったからといって、お客様のレジ対応をしたり、品出ししたり、清掃したりとスタッフがやることは変わりません。

働く上で何を重視するかは、店長が変わることで異なるものになるのは当たり前ですが、スタッフとしてやるべきことは変わらないのです。

確かにこれまでの労働スタイルが変化することに不安を抱くのは仕方が無いですが、だからといって前任の店長に戻ってきてもらうことはできないので、同じ店で働く以上は新店長に従うしかないのです。

ですので、受け入れられないこともあるかもしれませんが、とりあえず新店長の方針に従い様子を見るようにしましょう。

しばらく新たな方針で働いていると、将来のそのコンビニ像が見えてくるはずです。

「最初は不安しか無くどうなることかと思ったけど、案外馴染んでみるとストレスなく働けている」のようにプラスに感じた人はそのまま続ければいいと思います。

逆に「新店長は前店長に比べてスタッフに対するフォローが無く、働くことがストレスでしかない」のようにマイナスに感じた人は、その店に固執することなく退職し、別の店で働いた方がいいでしょう。

石を投げれば別のコンビニに当たるほど世間にはコンビニはたくさんあるので、自分と考え方が合わないと感じれば、スパッと気持ちを切り替えて他の店で働くことをオススメします!

社員となると話は別ですが、アルバイトなのですから別に自分を追い込んでまで無理に働かなくていいと思います。

探せばいくらでもスタッフ思いの良い店長はいるので、我慢して働くよりも自分に適した店で働きましょう。

ですので、まずは新店長が自分と合うのか合わないのかを判断するために、文句を言う前にとりあえず新店長の言うことを聞くようにしましょう!

店長が変わると聞いて、店長と良好な関係を築いていたスタッフは動揺するでしょう。

そこで、店長が変わると同時に辞めることを選択する人もいますが、店長が変わるからといって同時に辞めるのはもったいないです。

続けるか辞めるかはとりあえず新店長のやり方に馴染むように努力した後でも遅くはないです。

自分と合うか合わないかを判断した後で、その選択をすればいいと思います。

もしかすると、新店長が自分の人生観を大いに変えてくれる人かもしれないですしね♪

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク