コンビニアルバイトにギフトを協力して買ってもらうには?

コンビニで責任者をしていると、年に2回のギフトの売上げで頭を抱えますよね。

本社やオーナーからまるでノルマかのように、各店舗設定金額が決められます。

中には、達成するために自分で・・・なんて店長もいるかと思いますが、金額が高いのでかなり厳しいです。

ですので、なるべくスタッフの人にも協力をして欲しいですよね。

スタッフにどう買ってもらえばいいのか分からないという人がいると思いますので、私が店長時代にしていた対策を紹介します!

スポンサーリンク



買ってくれる人を採用する

私はギフトの時期になるとスタッフ一人ひとりに説明するのが億劫だったので、その時期になると一人1つは購入するという雰囲気にもっていくようにしてました。

特に新しく採用する人には、「お中元とお歳暮の時期に店がギフトを売り込んでいくので、安くてもいいので何か1つ購入して店舗に協力してもらえませんか?」と面接時に採用の条件として初めから依頼をしておきます。

こうしておくことで、ギフトの時期になりカタログを渡すとすんなり引き受けてくれます。

もし、嫌だった場合は面接時に断って別のバイト先を探せばいいわけですから、了承した時点でギフトの交渉のハードルがかなり低くなります。

ここで注意しなければならないのは、面接時にはっきりと伝えておくことです。

やんわりと「ギフトにも協力してもらいますので~・・・」と軽く話をすると、面接では相手側は緊張し、流してしまうことが多いので、はっきりと協力を依頼するようにしてください。

そこで、答えを渋ったり断られた場合は、採用を見送るようにしてください。

はっきりと伝えなかった場合、「え?聞いてないです」と言い始めるスタッフが現れ、揉める可能性もでてきます。

一人でも協力しないスタッフが現れると、他のスタッフにも依頼し辛くなり、なかなか思うようにことが進まなくなるので、面接のときに、協力できるかできないのかを回答してもらうようにしましょう。

スタッフとの距離を縮める

スタッフにお願いごとをするのですから、大事なのは「店長からお願いされたから1つ買おうかな」と協力を得る必要があります。

そのためには、スタッフと店長との間に親密な関係がないとなかなか協力してくれません。

ここで言う親密とは、人として仲良くするということではなく、お互いを思いやる関係になるということです。

店を経営するのは店長ですが、スタッフの力が無ければ店は成り立ちません。

自分にスポットを当てるのではなく、スタッフこそが店の主役だと、日ごろからスタッフを労わることができる店長はあまり苦労することなく、スタッフの協力を得られるでしょう。

日ごろから言葉や態度で感謝を示していけば、スタッフもモチベーションが上がり、「もっと頑張ろう!もっと店に貢献したい!」と自然に感じるようになります。

人は承認欲求というものを持っています。

他人から頼られたい、自分の存在を認められたい、好意を持たれたいといった欲を無意識に持っています。

「いつも○○さんには掃除をお願いしてるけど、ほんとに助かってるよ」

「△△さんがいると店の雰囲気が明るくなるから、本当だったら週7日働いて欲しいくらい」

「××君はスタッフの面倒見が良いから、新人の教育を任せたいんだけど、どうかな?」

といった普段の会話の中に、さりげなくあなたという存在がいることで店が助かっているということを一言言ってあげるだけで、働くスタッフのモチベーションがかなり変わってきます。

日ごろから店長に頼りにされているんだと実感させることで、店長からお願いされたときに、そのお願いを聞いてあげたくなるという気持ちになるのです。

「店長からのお願いを聞いたらまた褒めてくれる!」、「店長から感謝されるなら協力しようかな」と一種の洗脳みたいになります。

それくらい人というのは、自分の存在価値を他人に求める生き物なのです。

ですので、普段は特にスタッフとコミュニケーションをとろうとしない店長が、ギフトの時期にだけ買ってと協力を依頼しても、「わざわざお金を稼ぎにバイトしているのに、何でお金を使わなければならないんだ!」となるのは当たり前です。

ギフトの協力を得るコツは、スタッフが店長からの頼みを聞いてあげたいと思ってもらうことです。

そのためには、些細なことでもいいので褒めたり、感謝を伝えたりすることで、日ごろからスタッフを労わってあげることが重要です。

スタッフを第一に考えるスタッフファーストの考えができる店長が、スタッフから愛される店長になることができるのです。

いかがでしたでしょうか?

これは私が店長時代に常にやっていたことです。

設定金額の達成も大事ですが、それよりもスタッフから協力してもらえることに重点を置いて考えていました。

ギフトの協力を依頼して快く引き受けてくれるスタッフを見ると、本当に感謝の言葉で一杯で、もっとスタッフを大事にしていこうと思っていました。

ギフトに限らずスタッフの協力が必要な場面はたくさんありますので、もしスタッフに対してアプローチが出来ていないなと感じた人は、今日から感謝の気持ちを示してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク