スタッフが言うことを聞いてくれない!?指示をするときは言動に説得力を持たせよう!

店長はアルバイトに対して指導することが多くあります。

しかし、中にはアルバイトにいくら注意しても話を聞いてもらえなかったり、受け入れてくれなかったりと、アルバイトの扱い方に苦労している店長は多いのではないでしょうか?

今回はアルバイトに話を聞いてもらえるようにするにはどうしたらいいかを紹介します。

スポンサーリンク



話を聞いてもらうには?

アルバイトに自分の発言や考えを受け入れてもらうには、まず自分の言動に説得力を持たせることが重要です!

店長の発言や行動をアルバイトに納得させるためには、まずは店長の言動を信頼してもらうことから始めましょう。

アルバイトからよく反発されている店長は、十分な信頼を得ていないことが多いです。

つまり、アルバイトから不信感を持たれていることが多いということです。

日ごろから発注などの店長業務を行っていると思いますが、事務所で携帯を弄りながらや、頻繁にタバコ休憩を取りながら仕事をしていれば、店長業務の内容を知らないスタッフからは仕事をサボっているように見えますよね。

また、ピーク時にレジや品出しのフォローをしなければ、「どうして忙しいときくらい手伝ってくれないのか?」とアルバイトから思われても仕方ありません。

もちろん、店長の仕事はマネジメントであり、労働する人ではないので、アルバイトと同じ業務をする必要はありません。

しかし、特に日本は思いやり文化ですから、店長の仕事ではないと分かっていても、「自分が苦しいときくらい助けてよ」とアルバイトは思ってしまうものです。

それが続くと、忙しいときですら手伝ってくれない薄情者というレッテルが貼られてしまいます。

そんな状態でいくら指示や指導をしたところで、「自分が楽したいだけ」や「自分は何もしないくせに偉そう」などと思われてしまうため、アルバイトから信頼を得られず、自分の言動に対して賛同してくれる者がいなくなってしまうのです。

店長とアルバイトとの信頼関係を築けなければ、店としてまとまりもなくアルバイトのやりたい放題となってしまうため、自分の言動に説得力を持たせるためには、日ごろから信頼を得るための努力が必要となるのです。

信頼を得るためには?

アルバイトから信頼を得るためには、一番は自分の仕事の中心をアルバイトにすることです。

店を運営する中で一番大事なのはなんでしょうか?

店長が一番大切にしなければならないのは、お客様でも自分自身でもなく、働くスタッフ達です。

人材こそが宝です。

自分の店で働くスタッフを大切にできなければ、お客様を大切にすることもできません。

逆にスタッフに気を配ることができれば、お客様にも気を配ることができます。

自分本位に仕事をすると、当然責任者寄りの視点になってしまうため、仕事の幅に制限をかけてしまいます。

また、どうしても結果ばかりを求めてしまうため、店長とスタッフ間の人間関係作りを蔑ろにしてしまいがちです。

店長とアルバイトが手を取り合い、助け合いながら壁を乗り越えていくことで信頼関係が生まれます。

その信頼関係を築いて初めて、店長の言動にスタッフ達が付いて来てくれるのです。

ですので、働く基準を自分ではなくアルバイトに設定し、スタッフのために働く環境を整えてあげるようにしましょう。

「スタッフのために」を仕事の中心に!

スタッフから信頼を得るために、スタッフから頼りにされることが必要です。

頼りになる人というのは、自分が困っているときに手を差し伸べてくれて、その状況を打破してくれる人のことです。

ですので、日ごろからアルバイトが困っていることや要望に耳を傾け、それを解決するために行動するように意識しましょう。

責任者業務をしながら、スタッフが働きやすい環境作りに取り組むことが店長のすべき仕事だと私は思います。

確かに責任者業務も多いですが、毎日勤務開始から終了まで時間を割かなければならないものではありませんので、スケジュールを立てれば労働環境作りは十分可能です。

ちょっとした会話からスタッフの状況を分析し、改善点を見つけ出しそれを改善するように取り組むことが大事です。

改善できれば最高なのでしょうが、好ましい結果が出ずともその一連の姿勢を見せるだけでスタッフから見られる目が変わるはずです♪

ですので、スタッフとの会話は業務を指示するときくらいしかしない店長は、一歩踏み込んで、スタッフとコミュニケーションを取り、相談役になることを意識しましょう!

コンビニの店長は、求められることが多く、すごく大変な仕事だと思います。

どうしても、自分が楽をするために働きがちですが、まずは自分が苦労することを知った上で、スタッフに協力するようにしてください。

そうすると、最終的には自分が楽になる展開が必ず訪れるはずです♪

店長の言動に説得力があれば、「店長が言っているから間違いないだろう」とスタッフは付いて来てくれるようになります。

ですので、スタッフから信頼を得るために、店長として働く前に人として働くことを意識するようにしましょう!

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク