スタッフの勤務態度が悪い原因は店長!?スタッフが抱く店長への不満とは?

店長は店を管理する立場ですが、実際に店舗で働くのはスタッフです。

スタッフがいて店舗は回るので、スタッフを思いやりながら店長業務を遂行することが店を円滑に回すポイントですよ♪

スポンサーリンク



スタッフのストレスは店長が原因

スタッフの不満や愚痴を放置していると、日々の勤務態度に表れてくるので、なるべく解決に導いてあげるようにしましょう。

スタッフの不満には3種類あり、お客様に対する不満スタッフに対する不満店長に対する不満です。

この中でも一番スタッフのモチベーションに関わる不満は店長に対する不満だと私は思います。

勤務中イラッとくるのは、お客様の場合は対応している一瞬ですし、スタッフの場合は共にシフトが重なっているときだけです。

イラッとしたお客様は次も接客する確率は低いですし、スタッフもシフトが重ならないように手配してもらえば特に問題はないはずです。

しかし、全ては店長次第で店が回ることになるので、店長に対して不満を抱けば、いつ働いても勤務中ストレスを抱えることになるのです。

スタッフの要望や進言を聞かず、自分本位の勤務ばかりしていると、いつの間にかスタッフの気持ちが離れていき、人員不足が加速していくことになるでしょう。

ですので、自分のことばかり考えてスタッフのことを省みない店長は必ず痛い目を見ることになるので、気をつけるようにしましょう!

スタッフの店長に対する不満

実際に店舗で働くスタッフに店長に対する不満が何かを聞いてみました。

常に事務所に篭っている

一番多かった不満が忙しいのにも関わらず、仕事を手伝ってくれないということでした。

確かに店長の仕事はシフトに入ってアルバイト業務をすることではありません。

あくまで管理することであり、決して労働者ではありません。

それはスタッフも理解していることですが、すごく行列が出来ているのにレジの頭数が揃っていなければ、忙しい時間だけでも一緒にレジをして欲しいと思っているんです。

ピークと納品が重なったとき、アルバイトがレジから離れられないのであれば、アルバイトの手が空くまで品出しを手伝って欲しいと思っているんです。

別に常に一緒にアルバイトと働けと言っているわけではありません。

ただスタッフが苦しいと思っているときに手を差し伸べてあげて欲しいと言っているのです。

1時間以上も続けてレジをして、それから大量の納品に手をつけなければならない日が続くと、スタッフの気持ちは折れてしまいます。

そんな状況で店長は事務所で椅子に座り、コーヒーを飲みながら発注業務をしていると、イラッとくるスタッフがいても不思議ではありません。

平気でそういうことができる店長は、店長はアルバイト業務をする必要はないという持論を持っている人が多いですね。

誰もそのようなトップに付いていこうとは思いませんよね・・・。

発注の精度が悪い

納品量が多少変化するのは仕方が無いかもしれませんが、極端すぎるのは良くありません。

発注が苦手な人ほど、日によっては納品量が多かったり少なかったりと、納品量が安定しないのです。

逆に売り場の管理が行き届き、発注の精度が高ければ、売り場や在庫置き場も常に一定量を保つことができ、日によってスタッフにかかる負担が変化することがないのです。

スタッフから不満が出るケースとしては、納品量が極めて多い場合です。

もともと売上げが高く納品量が多い店は、その分品出しに人を割くことができるので、スタッフ一人ひとりにかかる負担は問題になるほどではありません。

しかし、品出しに人を割くことが出来ない店の場合、納品量によってスタッフにかかる負担が変わります。

発注の精度が悪ければ、極端に納品量が多かったり少なかったりするので、納品量が多い日に品出しをするスタッフはかなりの負担を強いられます。

納品量が多くても売り場に出すことができる量は目に見えているので、半分以上を在庫としてストックする場合、在庫置き場まで物で溢れてしまう可能性があります。

そんな状態であれば、品出しをした後の整理にも時間がかかり、物で溢れている在庫置き場から新たに品出しをするのも一苦労ですよね。

普段から管理している店長であれば、一定量の商品をストックできるのでしょうが、管理不足な店は商品のストックが安定しません。

納品量によって忙しさが変わる店はスタッフから不満を抱かれる可能性が極めて高いです。

ですので、納品量に気を使い、在庫置き場の商品が安定するように意識して発注をしましょう!

無理な勤務シフト

大抵の店はシフトを作る際、アルバイトの要望を聞いて作成すると思います。

しかし、シフトを作るときにアルバイトの要望を無視したり、激務を要したりしている店長もいます。

確かに店を回すことが店長に求められるので、シフトの頭数が揃っていないと店長自ら働いて店を回さなければならなくなります。

ですので、無理やりにでもシフトを埋めようとする気持ちもわかります。

ですがだからといって、休み希望日を本人に相談することなく出勤にしたり、毎週6蓮勤にしたりすると、スタッフからすると辛いですよね。

もし、人が足りなくてシフトを埋めたいのであれば、本人に交渉し了承を得てシフトに入れるのが常識でしょう。

また、いくら休み希望が少ないからといって、毎週6連勤にすると体力的にきついですよね。

本人の希望があって6連勤にするならいいですが、休み希望が週に1日だけだったからといって、スタッフの体調面を考慮せずにシフトを組むとそのスタッフが潰れてしまいます。

スタッフの体調面を管理するのも店長の仕事ですので、激務を強いることは避けた方がいいでしょう。

スタッフの要望通りにシフトを組むことは難しいかもしれませんが、スタッフと交渉しつつ、なるべくスタッフの要望に添ったシフトを作成することを心掛けましょう。

今回はスタッフが店長に対して抱いている不満をいくつか紹介させていただきました。

もちろんまだまだあると思いますが、とりあえずこの3点を頭に入れて日々の業務に取り組めば、ある程度はスタッフにかかるストレスは軽減されるでしょう。

スタッフから慕われる店長はこれらのことが自然とできているはずです。

もし店に対しての不満の声が多く、スタッフの勤務態度が悪い場合は、店長の勤務姿勢が影響している可能性が高いので、一度スタッフに対して思いやりの行動が取れていたかを振り返ってみてみましょう♪

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク