働きやすい職場作りのためには?スタッフの要望を一つ一つ解決していこう!

職場改善にはスタッフの要望に沿っていくことが近道ですが、だからといって全ての要望に従っていては、スタッフの言いなりのような感じがしますよね。

次から次に出てくるスタッフの要望にどう向き合えばいいのかを今回は考えてみましょう♪

スポンサーリンク



できるできないをはっきり伝える

スタッフからの要望には、実現可能なもの不可能なものがあるはずです。

例えば、シフト調整に関することであれば頭を働かせれば何とかシフトの要望を聞くことは可能ですよね。

しかし、時給を上げて欲しいなど店長の一存で決められることではない要望もあると思います。

つまり、店長が融通を利かせられること店長ではどうにもならないことの要望があります。

スタッフからの要望で店長がどうにかできることであればそれを聞いてあげればいいでしょう。

しかし、店長ではどうすることもできないことに対してスタッフから不満が出た場合は、自分の力ではどうすることもできないとはっきり伝えるようにしてください。

一番してはいけないのは、自分ではどうすることもできないとはっきり伝えずに、回答を濁しそのまま放置することだけは絶対にしてはいけません。

中途半端にスタッフの不満を放置すると、スタッフの不満が解消されることなく、その不満を解消してくれない店長に対して不満を抱くようになります。

ですので、自分ではどうしようもないことでも、スタッフの話を流すのではなく、しっかりと不満の原因を理解するようにしましょう。

たとえ不満そのものを解消することはできなくても、不満を和らぐためにフォローをすることはできますよね。

例えば、エアコンが効かない店舗でどうしても暑さを解消できないのであれば、業者に頼んで空調設備を整えたり、休憩時間を増やしたり、飲料やアイスを差し入れしたりして、スタッフを気遣うことはできるはずです。

暑さそのものに対する不満を解消することはできないかもしれませんが、それでも店長が何とかしてくれようとしているという姿勢はスタッフに伝わるはずです。

そんな店長に不満を抱くなんて人はいないのではないでしょうか?

逆に、空調が効かず暑さを解消できなくても、それでも働けとただ突き放すだけでは当然店長に怒りの矛先が向かうはずですよね(笑)

ですので、店長の力で何とかなる要望であれば、なるべく要望に沿えるようにしてあげればいいですし、無理難題を吹っかけられても、適当に話を流さずにしっかり受け止めてあげることが大事です♪

スタッフのためになる要望なのか?

スタッフも人間ですから、どうせなら楽して稼ぎたいと考えるはずです。

ですので、要望の中には自分が楽することが前提のものがあります。

当然普段のスタッフの勤務態度によって‘楽をする’の意味合いが変わってきます。

コンビニのアルバイトの中には、指示をしないと動かなかったり、きちんとやるべき仕事をダラダラとしたり、サボったりするスタッフがいますよね。

そんな不真面目な勤務態度のスタッフほど、店長や職場環境に対して文句を言うのですが、当然受け入れるべきではないですよね。

不真面目なスタッフの不満を聞いてしまうと、調子に乗り何でもかんでも自分が楽になる方向に持っていこうとします。

そうなると不真面目な勤務態度が周囲に伝染し、真面目に働いてくれていたスタッフまで仕事をしなくなるようになります。

それでは困るので、不真面目なスタッフが増えないようにするには、不真面目なスタッフの要望は聞かないことを選択することがベストでしょう。

与えられた仕事をきちんとこなしてくれないのですから、店側もスタッフの言うことを聞く必要はないですよね♪

そんなスタッフとは正反対の真面目なスタッフも店舗には数人存在すると思います。

日ごろからハキハキと挨拶をし、やるべき仕事をテキパキとこなし、周りのスタッフのフォローまでしてくれるスタッフは本当にありがたい存在ですよね♪

店側の要望をしっかり聞いてくれているので、もしこのようなスタッフから要望があれば、聞いてあげたいと思うのが人間でしょう。

それに真面目に働いてくれている人からの要望は、自分が楽をするためだけでなく、他のスタッフを気遣っての発言であることも多いので、日ごろから店に尽くしてくれるスタッフの要望は、他のスタッフのためになることが多いのです。

それに頑張っているスタッフほど恩恵があると周知させることも重要です。

真面目に働いている姿勢は他のスタッフも見ているので、その人が恩恵を受けることは他のスタッフも納得するはずです。

逆に不真面目なスタッフの機嫌をとるためだけに要望を聞いていたのでは、それこそ他の頑張っているスタッフから不満が出てきます。

頑張っていれば報われるということをスタッフに知ってもらうために、真面目な人の要望に沿い不真面目な人の要望は聞かないようにして、働くスタッフのモチベーションを下げないように気をつけましょう。

もし不真面目なスタッフから不満が出た場合は、とりあえず不満の内容を聞くようにしてください。

そして改善できることであっても、他のスタッフのためにならないことであればはっきりと断ることが大事です。

確かに辞められることを恐れて強く断ることができないという人もいるかもしれませんが、不真面目なスタッフに遠慮することで、真面目に働いてくれているスタッフが辞める可能性が出てきます。

ですので店のために働いてくれているスタッフを守るためには、はっきりと断る勇気を持つようにしましょう。

スタッフから不満や要望は少なからず出てきます。

その不満を全て解消するためには、まずは要望に沿えることができるのかできないのかを確かめ、できないことであってもスタッフのフォローを忘れないようにしましょう。

また、スタッフの要望が他のスタッフのためになるのかどうかを見極めることが重要です。

そして、店のために働いてくれているスタッフが報われるようにしてあげてください。

人材は店の大事な宝で、店に尽くしてくれるスタッフは特に重要です。

全ての不満を消化するためには、一つ一つ内容を聞いて、ベストな選択をするようにしてくださいね♪

はっきりと断る勇気も大事ですよ♪

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク