パワハラで悩んでいる人へ!店長からパワハラされたらどうする?

最近パワハラやセクハラなど○○ハラスメントという言葉を頻繁に聞くようになりましたね。

当然コンビニで働いているアルバイトもパワハラを受けたことがある人もいるでしょう。

もし、パワハラを受けた場合どうしたらいいか紹介します。

スポンサーリンク



パワハラとは?

パワーハラスメントとは、職場内での優位性を利用し、業務の範囲を超えて身体的や精神的に苦痛を与える行為です。

コンビニで考えられるパワハラ例。

・熱が出て明らかに働くことが困難で休みをとりたいことを申告したが、シフトが埋まっていないからと無理やり出勤させられた。

・勤務時間内に与えられた仕事を終わらせることができずに、退勤予定時刻より何時間も無給で残された。

・お客さんや他のスタッフの前で必要以上に怒鳴られた。

・他のスタッフとの扱いが度を過ぎている。

など権力を持っている店長が弱い立場のアルバイトに対して、地位を利用して接してしまうとパワハラになってしまう可能性が高いです。

もちろん、普段から店長とアルバイト間でしっかりコミュニケーションをとり、パワハラと思える行為を行ったとしても、アルバイトが身体的や精神的に苦痛を感じることなく素直に受け入れ、行為を受けた本人がパワハラではないと思えば、それは店長とアルバイトの信頼関係の下に成立しているコミュニケーションの一部なのでしょう。

しかし、少しでも苦痛を感じてしまえばそれは立派なパワハラになってしまうので、立場が上の者が下の者と接するときは、配慮が必要があります。

パワハラを受けたら?

パワハラを受けた場合ですが、まずは一人で抱え込まないことが重要です。

パワハラで長期的に悩む人は一人で抱え込んでしまうことが多く、解決をするよりは耐えることを選択してしまいがちです。

耐えたとしても店長が変わらない限り状況は変化しませんので、耐えることを選択するのではなく、その状況を変えるように意識を切り替えることが大切です。

状況を変化させるためには冷静になることが必要不可欠で、第3者に今の現状を伝えて、その人の考えを聞いてみるようにしましょう。

大事なのは相談相手に対して答えを求めるのではなく、自分の考えと比較することで、今の自分の状況を冷静に分析することです。

相談相手が同じような状況で悩まされているなら、明確な答えが得られるかもしれませんが、もし違う立場であれば所詮他人事です。

相談相手が人が良く真剣に一緒に悩んでくれる人であれば、回答通りに事を進めてもいいでしょう。

しかし、これといった相談相手がおらず、仕方なく相談する相手を選んだ場合、相手も相談者に対してそこまで思い入れがなければ、回答も期待したものではなく、一般的なものになるかもしれません。

ですが、「普通であればこうするよね」といった一般的な回答こそが重要で、それが最善の答えであることが多いのです。

相談者はパワハラに悩み正常な判断ができない状況に陥っている可能性があるので、意外と当たり前のことを選択肢に取り入れることができないのです。

ですので、とりあえず一緒に働くスタッフ誰でもいいので、「もし~のような状況(自分の置かれている状況)だったらあなたはどうする?」と仮定の話でいいので聞いてみるようにしましょう。

そのときの回答を参考に自分の状況を改めて考え直してみることから始めてください。

冷静に分析したら?

第3者の意見を参考に自分の今の置かれている状況を冷静に見つめ直しましょう。

そうすることで、それまでパワハラによるプレッシャーで冷静な判断ができずに、視野が狭くなっていた状況から脱することができるはずです。

冷静に正常な判断ができるようになったら次にパワハラを受けている状況から脱するように図りましょう。

言ってはなんですが、所詮コンビニのアルバイトです。

本当に嫌なら辞めてもいいわけです。

コンビニなんていくらでも店がありますし、パワハラを受けてイメージが悪くなっているかもしれませんが、コンビニの店長でもすごく良い人はたくさんいます。

ですので、まずはその店に執着しないことです。

何か特別な理由があり働いている店にこだわりがあるなら別ですが、もしこだわりがないのであれば、私は辞めることを選択するのは間違っていないと思います。

悩みを抱え込んで無理に我慢するより、スパンと気持ちを切り替えて辞めた方が、本人のためになります。

私はパワハラが嫌で辞めたとしても逃げたとは思いませんし、寧ろ現状から目を逸らしてひたすら耐えることを選択する方が、一種に逃げだと思います。

悩んでいるにも関わらず、自分で行動を起こさずにただ嵐が過ぎ去るのを待っているだけでは何も変わりません。

状況が変わるのを待つのではなく、自分から状況を変えること、状況を変えるように行動することが大切です。

状況を変えるにもいくつか選択肢はあります。

その店を辞めることだったり、パワハラをした本人と直接ぶつかることだったり、直営であれば本部に連絡したり、加盟店であればオーナーに相談したりすることも状況を変えるための行動です。

とにかく現状を我慢せずに何か行動を起こしましょう!

行動を起こすことによって今まで苦痛を受けるだけでマイナスの感情しかなかった状況が、今の状況から脱するために何とかしてやろうという前向きな気持ちになります。

このポジティブな思考がパワハラの悩みから開放されるために必要なのです。

パワハラという言葉が浸透してきて、だいぶ職場内で権力を振りかざす人は減ったと思いますが、それでもパワハラで悩んでいるアルバイトは大勢いると思います。

店長に対して言い返せるくらい自分の主張を言える人ならいいですが、本当は断りたいけど店長から言われたら、断れずにしぶしぶ要求を呑んでしまうような自分の意見をぶつけることができない人もいますよね。

パワハラをする人は自分に向かってくる人には大人しく、自分に刃向かってこないような弱い人をターゲットにします。

本当卑怯ですよね。

パワハラで苦しんでいる人がその状況から脱却するにはかなりのエネルギーが必要だと思いますが、自分で行動することによって状況は必ず変わるので勇気を持って行動に移してみてください。

色々手は尽くしたけど、何も状況が変わらなかったのであれば、辞めることを選択しても問題ないわけです。

ですので、絶対にパワハラによる苦痛を耐えることだけは選択しないようにしてください。

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク