新規でスタッフを採用したときに一番気をつけなければならないこととは?

皆さんは、採用したアルバイトに最初の出勤でどのようなことをさせていますか?

最初の勤務の内容が一番肝心です!

新しくアルバイトを採用したときに気をつけなければならないこととは?

スポンサーリンク



初日から働かせない!

アルバイトの初日はアルバイト業務を教えるのではなく、働き方や自分の考えを伝えるための時間にするべきです。

最初からユニフォームを着て、表に出てレジを教えている店長もいると思いますが、私はそのやり方をオススメしません。

人手不足で少しでも早く戦力にしたいという気持ちはわかります。

しかし、そのやり方ではいずれ店長の考え方に馴染まずに、自分本位に仕事をする可能性があります。

コンビニの経験が無い人は、アルバイトを始めたばかりの頃は、覚えることに必死で指示したことに対しても素直に従ってくれるでしょう。

ただある程度仕事に慣れ心に余裕ができたら、自分の働き方のスタイルが生まれます。

つまり、自分はどういう風に働きたいのかを考え、それに従って行動しようとするのです。

もし、アルバイト初日に働くことについて指導しておかなければ、仕事に慣れてきたときに、9割以上が楽をするスタイルを選び、自主的に仕事をしなくなります。

職場に怖い先輩がいたりテキパキと仕事の指示をするスタッフがいたりすれば、話は変わってくるでしょうけど。

自主的に仕事をしなくなれば、ずっとレジ内でおしゃべりをして、一々指示をしなければ全く動かなくなります。

全く仕事をしないスタッフになれば、店長としてもやることが増えて大変ですよね。

ですので、新人スタッフが仕事に慣れてきたときに、思い通りに仕事をしてもらうためには初日がとても重要なのです!

初日の時間の使い方

初日はスタッフを表に立たせずに、事務所内で細かいルールやどうゆう風に働いて欲しいかなど具体的な方針を伝えるようにしましょう。

コンビニは働くこと自体はそこまでハードルは高くないですが、周りからは接客業の中でも比較的厳しい目で見られる業種です。

「あいさつがない」「笑顔がない」「ポイントカードの有無を聞かれなかった」など店員の態度についてのクレームが多いのが特徴です。

レストランなど他の接客業でも同じなのですが、お客様サービスに届くクレームの件数は、接客業の中でもコンビニがトップでしょう。

何せ店舗数に差があり過ぎますからね(笑)

また、利用される方にも様々な人がおり、利用者数がダントツのコンビ二はそれだけ多くの理不尽なクレームが来てもおかしくないです。

基本的にお客様から届くクレームの多くは接客態度であり、その接客態度は初日の指導が原因といっても過言ではないでしょう。

初日に接客において、お客様に不快な思いをさせる可能性がある言動をしっかり指導しておくべきですので、NGな言葉遣いや行動は初日に教えるようにしましょう。

レジをしながら教えればいいと思う人がいるかもしれませんが、これからレジを覚えようとしているスタッフに、それ以外のことを伝えても頭から抜けていることが多いです。

ですので、まず初日にコンビニ店員としてNGな接客態度をしっかり指導しましょう!

また、接客態度と同様に勤務態度についても指導しておきましょう。

自主的に動いてもらえるように、働き方を教えるのです。

手が空いたら売り場の手直しをさせたり、店長や先輩から指示を仰いだりと前向きに仕事をする姿勢を伝えるようにしましょう。

初日にどういう風に働いて欲しいかを伝えることで、次の勤務以降、その勤務に対する考えが基本であるかのように指導することができるので、店長としてはスタッフの教育がしやすくなるのです。

初日はきちんと働く上で守って欲しいことを伝えることだけを考えてください!

二回目以降の勤務で気をつけること

二回目以降の勤務では、表でレジや品出しなど売り場の研修に移りましょう。

何を重視するかは、店によって様々だと思いますので、教える順番は気にしないで大丈夫です。

ただ何をさせるにしても、常にスタッフに考えさせることを意識してください。

店長が一方的に答えを教えるのではなく、スタッフに答えを出させて欲しいのです。

例えば、お客様がポイントカードを出してきたとしましょう。

そしたら、次にどうトークを進めればいいかスタッフに考えさせるのです。

ポイントは貯めて使うためにあるのですから、当然ポイントを使うかどうかを聞きますよね。

「お客様にポイントカードを返したら『ポイントを使いますか?』と尋ねてね。」とスタッフに指導するのではなく、「お客様にポイントカードを返したら、お客様に何か問いかけないといけないんだけど、何だと思う?」とこのようにスタッフに考えさせるように話を展開しましょう。

店長が一方的にスタッフに伝えるだけのスタイルは、時間が経つにつれスタッフの集中力が無くなり、重要な部分が頭から抜けることが多いです。

しかし、大事な部分をスタッフに考えさせ自分で答えを出させることで、きちんと定着し実行してくれることの方が多くなるのです。

自分で答えを出しているからこそ、自分で言ったことは実行せざるを得なくなりますからね♪

とにかく二回目以降の出勤では、スタッフに考える癖をつけさせることに気をつけるようにしてください。

アルバイトの教育は難しいのですが、最初の教育さえしっかりしていれば比較的楽に教育を進めることができます。

初日はじっくり時間をかけて話をして、次回以降はスタッフに考えさせ自主的に行動させることがメインです。

最初が肝心ですから、初日からいきなり働かせるのではなく、守って欲しいことを細かく伝えるようにしましょう!

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク