ワークスケジュールを取り入れた方がいい理由とは?

皆さん、ワークスケジュールを使っていますか?

もし活用していない店長は今すぐ、自店舗のアルバイトの仕事内容を改めてチェックして見てください。

店舗として理想的な仕事運びが出来ているなら、そのままでいいでしょう。

しかし、そうでない場合は一度ワークスケジュールの活用を考えて見てください。

スポンサーリンク



仕事は計画的に!


どの会社にも普段仕事をするときは、1日の流れというのが決まっています。

そして皆さん1日のスケジュールをある程度決めてから、それに沿って仕事をするはずです。

しかし、アルバイトを中心に回しているコンビニでは、各スタッフが自発的に1日の仕事運びを想定して働くことができるかというと、正直な話かなり厳しいでしょう。

なぜなら、アルバイトには仕事そのものに責任がないからです。

自分の勤務時間内に仕事が終わらなくても、次の勤務帯の人に丸投げして帰ることができてしまいます。

つまり、アルバイトは自分のやるべき仕事が終わらなくても、時間が来れば帰ることができるので、1日のスケジュールを考える必要がなく、とりあえず時間が来るまでレジ対応や品出しをすればいいという感覚で働いています。

中には責任感が強く、取り掛かっている作業が終わるまで仕事を続けてくれる優しく頼りになるスタッフもいます。

しかし、そうしたスタッフはほんの一握りで、ほとんどのスタッフは時間内でできることをやり、時間が来れば帰ってしまうのです。

アルバイトの働き方がそうなってしまうのは仕方ないことであり、「時間が来ても自分の仕事が終わるまで帰るな!」とは言えませんからね。

しかし、だからといって仕方が無いで済ませてしまうと、他のスタッフに負担が掛かりますし、最低限の仕事も出来なければ理想的な店舗には程遠いですね。

ですので、これだけはやってもらわないと困るという仕事を確実に時間内にスタッフにこなしてもらうために、1日の仕事の流れを記したワークスケジュールが必要になるのです。

ワークスケジュールのメリット

ワークスケジュールを取り入れるとスタッフが時間内にやるべきことが人目で分かるようになります。

ピーク時にはレジが最優先ですが、お客様がまばらになると手が空く時間が増えてきます。

そうしたときに、何をしたらいいかわからないスタッフは他のスタッフとおしゃべりをしたり、レジに立ってボーっとしたりしてしまいます。

それこそ時間が勿体ないし、人件費の無駄になってしまいますね。

スタッフの手が空いた時間も店のために出来ることはいくらでもあります。

それこそ普段しない棚の掃除やプライスカードの確認、賞味期限の確認などスタッフにして欲しい仕事はたくさんあるはずです。

しかし、レジや品出しはメインの仕事なので手が空いたらしてくれるスタッフもいるかもしれませんが、普段なかなかしない仕事を率先してしようとするスタッフは残念ながら少数です。

ですので、ワークスケジュールを活用することで店長がスタッフに最低限して欲しい仕事を間接的に指示することができるのです。

ワークスケジュール作成のポイント


ワークスケジュールを作るにあたって気をつけなければならないことがあります。

それは、仕事を詰め込み過ぎないことです。

スタッフにして欲しい仕事はたくさんあると思います。

しかし、基本的にスタッフはお客様の対応をしながら、ワークスケジュールをこなさなければなりません。

客数、客層は日によって様々ですので、かなり忙しい日もあれば、レジ対応をしたお客様を全て覚えているくらい暇な日もあります。

ですので、それを考慮した上で何の仕事をさせるかを考えなければなりません。

また、せっかく作ったワークスケジュールでも根を詰めすぎるとスタッフも疲れてしまい、ワークスケジュール自体長く続かない場合もあります。

ワークスケジュールが無くなってしまうと、前の状況に戻ってしまうので、やるからには継続させて質の良い店舗を作りたいですよね。

ですので、あれもこれもではなく、レジや品出し以外で最低限これだけはして欲しいという仕事を選択し、1日のスケジュールに組み込むようにしてください。

また、1日で全部しようとせずに、曜日毎に分けてスケジュールを考えることがお勧めです。

月曜日はパンの什器の掃除、火曜日はアイスケースの掃除、水曜日は日用品の什器の掃除といった具合に分けてあげると、仕事内容も分かりやすく、細かく指示出しをすることができます。

ワークスケジュールを考えるのは大変です。

しかし、一度ワークスケジュールによって仕事の仕組みを作ってあげると、スタッフも迷い無く仕事をすることが出来、店長も細かく指示を出すことができるのでメリットの方が大きいです。

外部からの店舗の評価が低いお店は一度、ワークスケジュールの活用を考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク