コンビニ700円くじの引換券がオークションに出品!?くじ券の管理は徹底しよう!

コンビニでは定期的に700円くじが開催されていますね。

引換券やグッズなどが当たる応募券がもらえるのですが、店員が不正にオークションなどに出品している可能性があります。

そうならないために管理を徹底しましょう!

スポンサーリンク



どうして700円くじが開催されるのか?

そもそもどうしてくじが定期的に開催されているのか疑問に思われている方は多いと思います。

店員としてはくじが開催される度に、働くのが憂鬱になるくらい大変ですよね。

単純にくじによって、一人ひとりのお客様を対応する時間は延びてしまいます。

それだけレジ対応の時間が増え、行列が出来やすくなります。

また、商品引換券によってお客様との小さなトラブルが多発します。

対象の商品が無ければお客様から嫌味ごとを言われたりし、商品を持って来いと上から命令されたりして、店員からするとストレスでしかないですよね。

普通商品引換券をもらえたら感謝の言葉があってもいいような感じがするのですが、私は商品引換券を渡したときに一度もお客様からありがとうの言葉を聞いたことがありません(笑)

商品引換券をもらえて当たり前、当たったらその賞品をよこせみたいな感じで言われたことがありますし、商品引換券を渡したときに「こんなんいらんわ、他の無いんか?」と怒られたこともあります。

こんなストレスばかりの700円くじなのですが、実は客単価平均を上げるためにセブンが始めた施策なのです。

セブンイレブンの客単価平均が600円ほどで、客単価を700円代に上げることが目的だったんですね。

コンビニ店員としては納得のいかないことが多々起きてしまうのですが、実際に単価が上がっている以上は今後も700円くじは開催されるでしょう。

くじ券の管理の徹底

700円くじが開催されるときに、責任者はくじ箱を用意すると思いますが、その際商品引換券と応募券を必要以上に投入しないようにしましょう。

色んな店舗でくじを引いてきましたが、手を突っ込んだときに「これは全部くじ券入れているな」と思ったことが何度もあります。

何も考えずに支給された券をくじ箱に投入している人もいると思いますが、あまりオススメしません。

大量にある物の中から一つや二つ取っても大丈夫だろうという心理が働き、カメラの死角で、くじ箱から券を抜き取るスタッフがいるからです。

ですので、盗むのに抵抗があるほどの量にしておくと、大量にくじ券が紛失するということが無くなります。

当然、余りのくじ券は責任者金庫に入れ、スタッフの手の届かない場所に保管しておきましょう!

お客様が捨てたくじ券に関しては許容するとしても、お客様が引く前のくじ券には触れさせないようにしてください。

数えられる程度であればいいのですが、店員のしわざだと思ってしまうほど大量にくじ券がオークションやフリマアプリに出品されています。

また、くじ券が帯ごと出品されていると店員が勝手にしたことでも店長の責任も大きいと思います。

こうした店員によるくじ券の横領を阻止するために、責任者はくじ券の管理に気をつけて下さいね!

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク