来店したカップルがいちゃいちゃし始めたのでしばらく一部始終を見ていたら・・・。

私が今手伝いで働いている店で起こった話。

人目を憚ることなくいちゃいちゃするカップルがいたのです・・・。

スポンサーリンク



見た目は大人心は子供

夜10時ごろにそのカップルはやってきました。

店内には私ともう一人スタッフがいたのですが、私は売り場に出て品出しをして、もう一人のスタッフは洗いものをしていたので、そのカップルに気づいたのは私だけでした。

私は今20代後半なのですが、男性は明らかに私よりも年上で、男性は30代後半、女性は20代後半から30代前半くらい。

二人は仲良さそうに手を繋ぎながら、女性が男性の腕に組んでいる状態で入ってきて、飲料売り場にいた私の近くにやってきました。

店のすぐそばにはJRが走っているので、利用客は普段から多く、そのカップル以外にも他に4人ほどお客様がいました。

しかし、他に人がいて店員である私が近くにいるにも関わらず、「○○(女性の名前)ちゃんは何にするの?」と男性が女性に尋ねると、「えぇ~とぉ~♪○○はぁ~♪どれにしよっかなぁ~♪」といかにも耳障りなぶりっ子口調で男性の肩に頭を乗せながら甘え始めました。

肩に乗せてきた女性の頭をなでながら、同じ男として情けなさを感じるほどにやけていた顔は強烈なインパクトを受けました。

「(俺もにやつくとこんな顔になるのかな・・・)」と自分に恐怖を抱きつつ、隣でいきなりいちゃつきだしたカップルにドン引きしていると、他に近くにいた20代の女性のお客様Aがカップルの前にある商品を見たそうにしていました。

しかし、そのカップルはお客様Aに気づいている様子はなく、女性は男性に抱きつき、男性は女性の肩や背中をなでるように触りながら、自分たちの世界に入っていました。

「(初めて彼氏彼女ができた高校生かっ!いい年して人前で何やってんだよ・・・)」と心の中で呆れを含んだつっこみをしながら、私はそのお客様Aに、「あの、よろしければ倉庫から持ってきますので、何か欲しいものがあったら遠慮なく言ってくださいね」と声をかけ、「じゃあ、500mlの牛乳が欲しいのですが・・・」と申し訳なさそうにお客様Aは答えました。

お客様に渡す物が販売期限が長い物になることなど、全く思いつかないほど私は衝撃を受けていたのかもしれません。

無事欲しい物を手に入れたお客様Aは、軽蔑するかのような目をカップルに向けレジに向かっていきました。

ある程度商品を出し終わった私は、タバコの補充をするためにレジに向かうと、今度は50代と思える女性のお客様Bが私のとこにやってきて、「野菜を買いたいんだけど、あのカップルが邪魔でとれないのよ!」と不満げに言ってきました。

「(ジュース売り場にいたはずだけど・・・)」と思いながら野菜売り場を見ると、抱き合った状態で売り場を移動していたのです。

お客様Bからの依頼を達成するために倉庫に向かうのではなく、あえてカップルの隣まで行き「ちょっと失礼しまーす」と独り言のように言葉をつぶやき、わざわざ男性の前にあるカット野菜に手を伸ばしました。

男性は邪魔されたことに機嫌を損ねたのか、私にガンを飛ばしてきたので、鋼の心を持ち合わせた私はそのにらみを目で受け止め、何事もなかったかのようにお客様Bに商品を渡しました。

お客様Bに「あんたいい度胸してるわねぇ」と感心されながら、私は頭を下げてお客様Bを見送りました。

「(さぁ、どうするか・・・)」と今後の方針を考えながらカップルを見ると、男性が私に背を向けている状態で二人は見詰め合っているところでした。

「(あ、これはするな・・・)」と心のどこかで覚悟していると、案の定二人は目を閉じゆっくり唇を重ねたのでした。

「(うわぁ・・・、やりおった・・・)」と人生で最大にドン引きしていると、女性が目を開けて男性の肩越しに私の方を見てウインクしてきたのです。

そして、男性は女性とキスし終わると私の方を見てニヤニヤしてそれから何度もキスをするので、二人の様子を見た私は、邪魔をした私にわざわざ見せつけるようにキスをしたと理解したのでした。

しかも男性の手が女性の胸に・・・。

カップルは私の反応を楽しんでいる様子でしたので、逆に私の態度によってカップルがどう反応するのかを見てやろうと思うと同時に、さすがにこのまま放置するのもまずいだろとカップルの元まで無表情を保ちながら急いで行きました。

カップルはどうやら私が動揺している様子を期待していたらしく、無表情の私を見てやばいと思ったのか二人はそわそわしていました。

イラつきを表情に出さないように気をつけながら、「人前でそんなことをして何がしたいんですか?私の様子を見ていたようですけど、楽しかったですか?」と声をワントーン下げて問いかけると、いい年した大人達が「いや、つい酔ってて・・・」とぼそっと答えました。

「買い物しないんですか?ただいちゃつきたいだけなら、人目を忍んでやってもらえませんかね。酔っ払っているからって何やってもいいってわけじゃないと思いますけど・・・」と声に怒りをにじませながら注意をすると、カップルは気まずそうに私と目を合わせないようにして店から出て行きました。

「(一体何がしたかったんだよあの人たち・・・)」と答えの出ない質問を自らに問いかけ、私はタバコの補充を始めるのでした。

カップルが店内でいちゃつくのは、飲食店ではよくあることなのかもしれません。

実際学生時代居酒屋やカラオケ店でいちゃついているカップルを見たことがありますが、コンビニで見たのはさすがに初めてですね。

酔っ払っていたのでありえるのかもしれませんが、いきなり私の隣でいちゃつきだしたときは「え!?ここで!?」とかなり驚きました(笑)

あのまま見逃していると、その次のステージに行ってしまいそうだったので、慌てて止めた部分もありましたね。

これまでいくつか衝撃的なお客様を紹介しましたが、今回はいかがだったでしょうか?

まだまだネタになる衝撃的な出来事がいっぱいあるので、また紹介させていただきたいと思います!

それでは次回もお楽しみに♪

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク