元コンビニ店長が教えるアルバイトの面接時に気をつけるポイントとは?

コンビニだけでなくアルバイト全般に言えることですが、面接で見られているポイントは同じということです。

これからコンビニでアルバイトしようと考えている人は、面接で落とされないようにどこを気をつけたらいいかを今回は紹介致します。

必ずチェックですよ♪

スポンサーリンク



面接に行く前に・・・

面接で気をつけるポイントを紹介する前に、一つあなたに質問です。

この記事を読まれている方はまだ面接を受ける前だと思います。

ではお伺いしますが、あなたは面接の準備を行っていますでしょうか?

「準備って何?何もしてないけど・・・」という方がほとんどではないかなと思います。

ではここで想像してみてください。

就職活動をしたことがある人は分かると思いますが、自分が行きたい会社にエントリーシート(応募表みたいなもの)を送って、書類審査が通り、いざ面接になったとします。

そのまま対策もせずに、面接会場に向かう人はいるでしょうか?

ほとんどいないですよね。

中には、ただ記念で・・・といった人もいるかもしれませんが、それでも少なからず準備というのはしています。

面接の前には会社が一体何をしているのかくらいは調べるでしょうし、就職活動をする際には、まず自己分析を行い、自分がどういった人間なのかを考えるところから始めます。

これはエントリーシートや自己分析シートを記入する際に誰もが通る道です。

自分は何が得意で何が苦手なのか、

どういった仕事に興味があるのか、

将来どういった人間になりたいのか、

といった自分というものに向き合う時間が面接の準備なのです。

面接とは、会社や店舗に対して「自分はこういう人間だから、雇ってくれるといいことありますよ」、「私はあなたの会社に興味があるからぜひ働かせてください」といったアピールをする場なのです。

面接では、どうしてその店で働きたいと思ったのか、自分を採用するとどのようなメリットがあるのかを主張しなければならないので、自己分析という準備をせずに面接に来てもそれはうまくアピールができるはずがありませんよね。

面接でうまくいかない人は自分というアピールが十分にできていない証拠なのです。

ですので、面接を乗り越えるためにはきちんと自分がどういう人間なのかをアピールする準備をしていく必要があります。

働く場所を決めたら・・・

実際に働く店舗を決めたら電話やメールで応募をしますね。

応募をした後、その店舗の責任者から連絡が来て面接日を決めると思います。

そして面接の準備に取り掛かりましょう!

準備その①

面接日が決まったら、履歴書を書きます。

履歴書選びも気をつけるポイントです。

履歴書にも種類がたくさんありますが、自己アピールの欄が設けられているタイプにしましょう。

アピール欄に書くことなのですが、予め面接で聞かれるであろうことを予想して、その回答を書いておくようにしましょう。

面接では必ず志望動機や勤務時間、どのくらい続けられるのか、バイトを通じてどのような自分になりたいのかなど聞かれますから、その答えを書いておけばそれだけやる気として相手に伝わります。

わざわざアピールの場をとってくれているのですから、それを利用しちゃいましょう♪

また、たまに見かけるのですが、求人雑誌に付属している履歴書は使用を控えてください!

ただの履歴書を送るということは、それだけ働く意識が低いと見られます。

お金をかけた方が覚悟を決めることができますし、ただの履歴書を提出した人より長く続く傾向にあります。

また、職歴だけを記入するタイプもNGです。

これらの履歴書を使うとそれだけで働くモチベーションが低いと思われ、履歴書を提出した時点で不合格が決まってしまう場合が多いです。

ですので、200円も掛からないのでコンビニで売っているものを購入して使いましょう。

履歴書を書くときには、必ず自己アピールの欄は全て埋めるようにしてください。

文字の大きさはこの大きさで!というのはありませんので、職歴や学歴の欄に記入する文字の大きさで問題ないです。

履歴書を書くという作業はめんどくさいので、どうしても手を抜きがちです。

しかし、履歴書で手を抜いてしまうと、履歴書を見るだけで仕事に対する怠惰な姿勢が見抜かれてしまいます。

つまり、「この人は仕事も中途半端で、手を抜いて仕事をするんじゃないか?」と思われてしまうということです。

そんな人は誰も採用したいと思いませんよね・・・。

逆に、そうした細部にまで手を抜かず、めんどくさいことでも最後まできちんと書き抜くことができる人は、「この人は仕事に手を抜かず、きちんと仕事を全うしてくれる人だ」と高評価を得られるというわけです。

なんでこのようなことを述べるかというと、面接をしてきてたくさんの履歴書を見てきましたが、半数以上が履歴書が全部埋まっていなかったからです。

もちろん、全て私は不採用にしました。

たまに、その場で書かせたこともありました(笑)

それだけ、「たかが履歴書じゃん」と甘く見ている人が多いというわけですね。

履歴書でその人の人柄がかなり出てくるので、甘く見るのは禁物です!

店舗によっては、全て埋めていなくても採用してくれるところがあるかもしれませんが、全て埋めるだけで好評価を得られるなら、書いたほうがよくないですか?

また、考える時間を設けることで面接の際にその時間が生かされるので頭を振り絞って埋めるようにしましょう!

準備その②

実際に面接を行うときには、自分の口でアピールをしなければなりません。

いくら完璧に履歴書を仕上げたとしても全くアピールできなければ意味がありません。

ということで、前もって自分が言いたいことをまとめておくようにしましょう!

面接で言いたいことを箇条書きにしてメモをしておくことをお勧めします♪

これは就職活動をしている人にもアドバイスで言っていることなんですが、実際に店舗の責任者を前にすると緊張してしまうものです。

面接で失敗してしまう人の中には、面接でアピールするために、言いたいことを紙に書いて一言一句完璧に覚えて面接に望もうとする人がいます。

確かに完璧に覚えてそれを自然に話すことができれば立派なアピールタイムになるのかもしれませんが、緊張してしまうと全てを完璧に思い出すことは困難です。

少しでも出てこなくなるとパニックになって頭が真っ白になり、言いたいことが何だったのかが全く分からなくなってしまうのです。

対策をしているけれども面接がうまくいかない人は、対策のやり方に問題があるのです。

面接を成功させるポイントはなるべく覚えることを最小限にすることです。

面接の対策でしなければならないのは、自己分析です。

自分とはどういった人間なのか、応募した店舗で働きたいと思った理由など時間をかけて考えたことに関しては、覚える必要はありません。

覚えなくても面接の際に、

自分ってこういう人間だったよな?

こう感じたから働きたいと思ったんだよな?

って考えながら話せばいいんです!

面接が始まるとたくさんしゃべらなきゃと思うかもしれませんが、そうではありません。

自分というものを素直に表現すればいいのです。

ですので、面接で言いたいことを覚えるのではなく、言いたいことを考え、軽くメモを取る程度にしておきましょう!

以上が準備編です。

面接で大事なのは自分をどれだけアピールできるかです。

自分というものが具体的に理解していないとうまくアピールできるはずがありません。

ですので、きちんと自分を見つめるという準備を怠らないようにしましょう!

続いて面接編です。

面接で気をつけること

面接を担当する人は大抵店長であることが多いのですが、中には、副店長やマネージャーと面接する場合もあります。

しかし、相手が誰であれ気をつけるポイントは同じです。

ポイント①

最初の挨拶から面接は始まっている!

これは面接では全て当てはまるのですが、第一印象で人を判断する傾向にあります。

始めの挨拶で元気が良かったり、笑顔で挨拶をしていたりすると、挨拶を受けた側は好印象を持ちます。

逆に愛想が悪く、元気が無く暗い挨拶だと、この人大丈夫かな?と不安になります。

コンビニは接客業で、とにかく挨拶の回数がかなり多い仕事なので、その挨拶ができるのとできないのでは採用に大きく関わってきます。

それくらい挨拶は仕事の基本であり重要なことなのです。

ですので、元気よくはきはきとした挨拶をしましょう!

ポイント②

面接官は責任者だけじゃない!

面接に行ったときに、印象を良くするため店長やマネージャーの責任者の前では良い顔をするのは当たり前です。

しかし、油断は禁物です!

見ているのは、何も採用担当だけではありませんよ!

面接時に働いているスタッフも審査をしていると思ってください。

採用担当者が表に出ている場合もありますが、バックルーム(事務所)にいる方が多いでしょう。

その時、採用担当者に繋いでもらうのはその場にいるスタッフです。

ですので、その時にスタッフへの印象が悪いと面接がうまくいったとしても、スタッフの一声で不採用になる可能性もあるということです。

また、バイトの面接があることはスタッフに周知させているはずなので、今後一緒に働くかもしれない人を気にするのは当たり前でしょう。

つまり、責任者だけでなく、スタッフも面接に来たあなたに興味を抱いていると思ってください。

全く接触が無かったとしても、入退店の様子は見ているはずなので、その時の様子から「この人は明るくて良いかも!」、「何か暗かったけど採用して大丈夫なの?」、「挨拶が無くて礼儀がなってない!」といった印象を抱くはずです。

ですので、スタッフから一緒に働きたいと思ってもらえるように採用担当者以外のスタッフへの礼儀には気をつけましょう!

店長によってはスタッフの意見を優先しているところもあるので、面接が終わっても店から出るまでは油断しないようにしましょう♪

ポイント③

志望動機を具体的に!

私が面接をしてきて志望動機で多かったのが、「家から近いから」や「時給がいいから」といったどの仕事にも言えるようなことでした。

面接が始まって恐らく序盤になぜ応募したのかという質問をされると思います。

正直に言って、なぜこの店を選んだのか?という質問の意図はこれといってありません。

とりあえず聞いているだけなのです(笑)

なぜなら、採用担当者は勤務地や時給絡みで選んでもらっていることがわかっているからです。

何か特別な理由があれば聞きたいなくらいの軽い感じで聞いています。

勤務地や時給が一番重要なのはわかりますが、それは皆が思うことであり、そんなことを言ったところで採用担当者の記憶に残りません。

面接 はアピールをする場なので、他の人と自分は違うということを述べればそれだけ、採用に近づきます。

面接で成功させるためには自己分析が大事という話をしましたが、採用担当者の質問には、予め準備していた自己分析を交えて回答すると自然とオリジナリティが生まれます。

オリジナリティが生まれると、採用担当者の興味を引くことができます。

採用担当者に興味を抱いてもらえたなら、もっと詳しく知ろうとして質問も増え、よりアピールをする場をもらえるようになります。

興味を引くことができたら、基本的に評価は減点されることなく加点され続けます。

ですので、聞かれたら思う存分気持ちを打ち明けた方がいいですよ!

大事なのは、採用担当者への印象を大きくすることです!

そのためにはオリジナリティを出していくようにしましょう♪

バイトの面接で大事なのは、この人と一緒に働きたいと思ってもらえるようにすることです。

自分を覚えてもらうためには、他の人よりも印象を強く、なおかつ良くしないといけません。

ですので、気をつけるポイントに注意して面接に取り組んでみてくださいね♪

人手不足の状況で、採用担当者も喉から手が出るほど人材を欲しがっているはずですので、興味を持ってもらえればほぼ100%採用してもらえます!

確かに愛想良くすることはアドバンテージになるかもしれませんが、長期的に働くことができたり、自分というキャラクターを気に入ってもらったりすれば、採用担当者に拾ってもらえるはずですので、面接では自分がどういう人間かを把握し、それを素直に伝えることが一番大事なことだと思います♪

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク