アルバイトをやる気にさせるためには全ては店長次第!スタッフのモチベーションを上げよう!

アルバイトの仕事へのやる気を出させることって難しいですよね。

スタッフのモチベーションを上げるためには一体どうしたらいいでしょうか?

スポンサーリンク



人は認められたがりの生き物

サービス業に従事している人というのは、一般の業種の人よりも人から承認されたいという思いが強いと思います。

何かをしてあげたいという気持ちが行動になり、それがビジネスになったものがサービス業です。

つまり、仕事の根本として、人に何かをしてあげる代わりに人から感謝されたいという思いがあるのだと思います。

コンビニは最初は、物の売買を中心に展開してきましたが、今は、目に見えないモノまで商品にしています。

また、自分達が売りたい物ではなく、人から必要とされるモノが売買の中心になっています。

つまり、コンビニも立派なサービス業なのです。

ですので、コンビニスタッフは、お客様から感謝されるために、サービスを提供しているような形なのです。

しかし、今の時代コンビニのサービスが過剰になっている部分もあり、あたかもそれが当然かのようにお客様から見られます。

本来は、お客様にサービスを提供する代わりに感謝の気持ちをいただくという図式なのですが、サービスの商品化によりサービスの提供の対価がお金になってしまっています。

別にコンビニ会社や経営者はサービスの対価が感謝の気持ちからお金に変わったところで、特に何も思わないでしょう。

寧ろ、お金をもらうことが目的なので、お金をもらうことで満足なのです。

しかし、そこで働くスタッフからすると、サービスを提供しても自分がお金を貰えるわけではないですし感謝すらされません。

サービスが当然になっており、利用されるお客様は対価としてお金を払っているので、別に感謝する必要はないですし、感謝しなくてもお客様は悪くはないです。

それでも、スタッフはそのお客様の態度にイラッとしてしまうものなんですよね・・・。

運が悪いと、「お客様は神様だ!」と言わんばかりに態度が大きい人を接客しなければなりません。

しかし、仕事である以上は、むかつくような態度のお客様に対しても、イラッとした感情を抑え、サービスを提供しなければならないので、もどかしくなるわけです。

つまり、人にサービスをしているのに、お客様から感謝されないので、余計人からの承認欲求が強くなるのです。

一生懸命働いていても誰からも感謝されないんじゃ、スタッフは報われないですよね。

ですので、その欲を店長が満たしてあげることが重要なのです!

スタッフのモチベーションは店長次第

コンビニに限らず接客業をしているアルバイトは、承認欲求が強い人が多いので、店長が上手くスタッフの感情をコントロールしてあげると、スタッフの仕事への姿勢が変わってきます。

サービス業をしている人は、働いている内に、無意識に人から感謝されることを望んでくるようになります。

しかし、残念ながらお客様から感謝されることがほとんどないので、その代わりに店長が日ごろの勤務態度を見て、評価してあげましょう。

「いつもシフトに入ってくれて、助かってるよ♪」

「○○さんが帰り際に売り場を整理してくれてるから、綺麗な売り場を維持できているんだと思う!ありがとう♪」

こんな感じで感謝の言葉を言うと、「え!?あ、はい。」みたいな反応されるかもしれませんが、他人から感謝されて嫌な気持ちになる人はほぼいないでしょう。

スタッフを褒めることは難しいかもしれませんが、感謝の気持ちを伝えることは誰にでもできるはずです!

ですので、店長はスタッフの仕事のモチベーションを上げるためには、スタッフに感謝の言葉をかけてあげることで承認欲求を満たしてあげましょう!

やってはいけないのは、スタッフのことを頭から否定することです。

店長から認められずいつも注意されたり怒られたりすると、スタッフはどんどん気持ちが滅入ってしまいますので、そこからやる気を出させるのは、かなり労力が必要になります。

それくらい店長の声というのは、スタッフに大きな影響を与えるのです。

声をかけるタイミング

スタッフのモチベーションを上げるためには、店長がスタッフのことを見てあげることが重要です。

スタッフを評価するときは、必ず直接言葉にして伝えてあげましょう。

言葉で伝えることで、言葉に気持ちがこもり、スタッフに気持ちが伝わりやすくなります。

また、言葉で伝えることが大事なのですが、伝えるタイミングも大事なのです。

ではいつ声をかければいいかですが、終わりよければ全てよしという言葉がありますよね。

今回の場合も、これに当てはまると思います。

コンビニなど接客業では色々なお客様を相手にしなければならないので、1日の勤務でイラッとすることが一つや二つあっても不思議ではありません。

お客様に対するモノだけではなく、他のスタッフに対してのことや、勤務環境に対してのことでも納得できないことがあるでしょう。

そうすると、ずっともやもやした気持ちで働かなければならず、そのまま勤務を終えてしまうと、次の勤務まで引きずり、また不満になるような出来事に遭遇すると、余計イライラが積ります。

それが続くことで、イライラが溜まりに溜まって愚痴となり、不満になり働くことに嫌気が差してしまうのです。

そうなると、辞めることにまで発展する可能性があるので、それは阻止しなければなりません。

ですので、イライラが溜まっているであろう、勤務終了後に声をかけてあげることがポイントです!

勤務終了後は、ゆっくり話をすることができるので、その日溜まりに溜まったイライラを解消してあげるようにしてください。

そして、最後に「今日も大変だったね。でも○○さんが大人で、我慢してくれたおかげで店が上手く回ったよ♪最後まで頑張ってくれてありがとう!」といったその日働いてくれたことに対して感謝の言葉をかけてあげるのです。

すると、人から感謝されることによって、自分が認められたと感じるようになり、その日にあった嫌なことが一時的にリセットされるのです。

最後に良いことがあれば、それまでの嫌なことが吹っ飛びますよね?

最後に褒めてあげたり、感謝したりすることで、スタッフはイライラが和らぎ、良い気分になって帰ることになるので、次の勤務を気持ちよくスタートさせることができます。

大事なのは嫌な気持ちを抱えさせたまま帰らせないことです。

責任感を持たせる

スタッフが仕事を真面目にこなすようになってきたら、次に責任のある仕事をさせるようにしましょう。

特に負担も少なく、後からいくらでもフォローできる発注から任せてみるといいですね。

お菓子コーナーの特設売り場を作らせたり、季節商材のポロモーションを任せたりすると、成功失敗の結果が見やすいので、スタッフもやり甲斐をもって取り組んでくれるはずです。

他にも、精算業務やシフト作成などさせてみると、店長業務の大変さも理解してくれるので、より店長に協力してくれるようになると思いますよ!

関連記事

失敗するなら良い失敗に!発注するときの注意点とは?

アルバイトに発注を任せる時の注意点!定期的に担当をローテーションさせよう!

まとめ

アルバイトはお客様から認めてもらいたいと思っているものの、ほとんどの場合感謝されることはないです。

ですので、店長がアルバイトをきちんと一人ひとり評価して、日ごろの感謝の気持ちを伝えてあげることで、自分が必要とされているんだと安心させてあげることが重要です!

アルバイトをフォローするタイミングは、勤務の後で嫌な思いを抱えさせたまま帰らせないようにしましょう!

それを繰り返すことで、ある程度アルバイトが前向きに仕事をしてくれるようになったら、ある程度責任のある仕事をさせてみると、やる気を持って働いてくれることになりますよ♪

店長にきちんと評価されていると知るだけで、スタッフはやる気になるものです!

ですので、店長はスタッフの感情をコントロールする意味でも、日ごろからスタッフに声かけをするように心がけましょう!

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク