閉店するコンビニ店の理由・特徴とは?

最近私がよく通っていた店が閉店したのですが、その理由を考えてみました。

スポンサーリンク



コンビニが潰れる店の特徴

実際に働いたことがない人でも、コンビニが潰れる理由が売上げが見込めないことだと分かりますよね。

店をオープンさせるということは、それなりに売上げが見込めると踏んで、計画を進めるはずです。

しかし、どうして売上げが見込めなくなってしまうのか。

やはり一番の原因は、集客にあると思います。

客離れが進行

売上げが下がるということは、それだけお客様が少なくなっているということが想像着くと思います。

当然お客様が一人減るだけで、客単価の分だけ、他のお客様に買い物してもらわない限り、自然と売上げが下がってしまいますね。

では、どうしてお客様が減ってしまうのでしょうか。

その理由はいくつか考えられます。

人は買い物をするときに、満足する内容には違いがありますが、自然と店にサービスの質を求めています。

コンビニに限って言うと、サービスは店員の接客と売り場のクオリティの二つと言えるでしょう。

ですので、コンビニを利用する人は無意識に店員の態度と売り場の状態を評価していることが多いです。

無意識の内に店を評価し、気にならないレベルであれば、以降も利用するはずです。

一方、少しでも納得のいかないレベルであれば、満足できるサービスを求めて他の店に逃げてしまうこともあるでしょう。

ではどんなサービスに不満を持つのでしょうか?

店員の態度

過去に他店でクレームがあった内容では、

・挨拶がない

・言葉遣いが悪い

・店員が無反応

これらの3つが比較的多かったです。

まあ、最初の挨拶がないは、状況によっては仕方がないのかなと思います。

一度に同時に3人が入店された場合、最初の1人目に合わせて挨拶をすることが多いでしょうから、最後に入ってきた人からすると、「前の人には挨拶をして自分にはどうして挨拶がないんだ!」となるわけですから、このクレームに関しては一概に店が悪いとは言えないですね。

しかし、後の2つに関しては明らかに、見せ側に落ち度がありますから、ファミコン言葉や省略した言葉遣いは直した方がいいですし、きちんと対応することが求められます。

関連記事はこちら→ファミコン言葉って何?コンビニの間違った接客用語は今すぐ改善しよう!

売り場の状態

コンビニに来た人は、当然何かしら欲しい物があって来ているはずですので、お客様の要望に添えないようでは、信頼を得られず他の店に逃げられてしまう可能性が高いですよね。

・豊富なアイテム数

・ピーク時に欠品が無い

・生活用品の品揃え

これら3点はしっかり抑えておく必要があるでしょう。

アイテム数が豊富であれば、選択の幅が広がります。

ピーク時に欠品が無ければ、いつ行っても欲しい商品が買えます。

生活用品の品揃えがよければ、困ったときやここぞというときに助けてくれます。

コンビニに対してこれだけのことを求めている人は多いと思いますが、極稀に全てのポイントを外している店が存在します。

そうした店は、お客様から愛される店からは程遠いでしょうし、客離れがひどくてもしょうがないと言えるでしょう。

ですので、これらのポイントを抑えておけば、お客様から信頼を得られる店にすることができるはずです。

集客が不十分

お客様が減っている店の問題点は、お客様を増やすことができていないということです。

つまり、新規客を抱え込めていないことが問題なのです。

ですが考えてみてください。

他店に客が奪われるということは、逆に言えば他店から客を奪えるということです。

ですので、他店に客を奪われている店は、逆に奪い返してやればいいのです。

集客に力を入れている店は他店から客を奪うことを意識してやってます。

例えば、セールでは地域に宣伝活動をして外売りで購買意欲をそそったり、ギフトなど季節商材の営業をしたりします。

ただでさえ、コンビニ店舗数は多いのに、工夫も何もしなければ、他店から客を奪うことなどできるはずがありません。

悲観的になるのではなく、地道にコツコツと小さな工夫をすることで、それが店の特徴になり、多くの人から愛されるようになるのです。

そうなれば、自然と客数は増加していくでしょう。

その他の理由

お店は利益を出さなければならないので、赤字の店は潰れることが多いでしょう。

先ほどの集客を安定して確保できないことが、売上げが下がる原因であり、閉店の原因でもあると紹介しましたが、他にも閉店になる原因がいくつかあります。

例えば、不祥事を起こしてしまった場合です。

お金に関する不正をしていたり、食べ物を扱うので衛生上に問題があったりした場合は、営業停止になるでしょうし、最悪閉店になることもあるでしょう。

次に、土地に関するトラブルです。

基本的に数年契約をして土地を借りて店を運営すると思いますが、地主の要望であったり地域開発であったりと、途中で立ち退かなければならなくなった場合に閉店する店も過去あったようです。

他にも契約が終了し、契約者が見つからなかった場合も閉店することがあります。

オーナーがフランチャイズ契約をして店を運営しますが、この契約が切れ更新されなかった場合、新たに契約者を探さなければなりません。

オーナーになってくれる人が見つかればいいですが、この時代なかなかコンビニのオーナーをやろうと思う人はいません。

ですので、新規契約者が見つからなかった場合、直営で営業を続けるか閉店をするかの2択になってしまいます。

まとめ

コンビニが閉店する理由のほとんどが赤字になっていることです。

赤字になる原因は、客離れ新規客の未獲得による集客の確保ができないことでした。

客離れの原因には、お客様が店員の態度と売り場の質に対して不満を持つことが考えられます。

他にも、不祥事を起こしたり、契約が破棄されたり、契約者が見つからなかったりしたときも閉店する場合があります。

急に近くの店が潰れてしまったら、これらのどれかが理由かもしれません。

コンビニを運営している方々は、他のライバル店に勝って生き残るためにはとにかくお客様を集めることが重要ですので、セール時宣伝に力を入れて、他店よりも売上げを意識して取り組んでみましょう!

それを繰り返すことで、多くの方から愛される地域密着型の店舗になること間違いなしですよ♪

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク