Tマネーのメリットデメリットとは?使い方も紹介!

Tポイントカードを持っている人はたくさんいると思いますが、Tマネーをご存知の方はまだまだ少ないのかなと思います。

そこで、Tマネーって何?Tマネーってどうやって使うの?Tマネーを使うことでメリットは?

といった様々な疑問を抱いている人が多いと思うので、解説をしていきたいと思います♪

スポンサーリンク



Tマネーって何?

Tマネーは、韓国のソウル特別市が出資・設立した株式会社韓国スマートカードが発行しているストアードフェアシステムカードです。

2004年から韓国で始まったサービスで、3年ほど前からファミリーマートに導入されました。

びっくりですよね。

私も「え!?日本の会社じゃないんだ!」と思いましたから。

Tマネーは交通系カードやWAON、楽天Edyと同様に電子マネーとして利用することができます。

現在利用できる店舗は増えており、TSUTAYAやファミリーマート、ドラッグユタカ、HAC、ウェルシア、東京ワンピースタワーなどで利用できます。

ファミリーマートは全店で利用することが可能ですが、一部の店舗で利用することができないチェーンもあります。

ですので、Tマネーを利用できる店なのか知るためには、このロゴがあるかチェックしてみてください。

Tマネーのロゴはこちら

バレーボールのようなこのマークがあれば、Tマネーを利用することができますよ♪

Tマネーの使い方

ではTマネーの使い方ですが、まずTポイントカードに現金をチャージする必要があります。

Tマネーを利用できないTポイントカードが一部ございます

ソフトバンクが発行しているTポイントカードはTマネーを利用できないなど。

Tマネーを利用できるカードかどうか確認する方法は、Tサイト[Tポイント/Tカード]のTマネー残高ページをご覧ください。

Tサイトにログインし、「あなたのTマネー残高」をクリックすれば、もしTマネーを利用できない場合は、「お客様のTカードは、Tマネーサービスがご利用いただけません。」と表示されます。

Tマネー加盟店のレジでTカードを提示し、チャージしたい金額をスタッフに伝えてその額を現金で支払います。

加盟店のレジでのチャージは1,000円から可能で、最大30,000円までチャージすることが可能です。

また、WEBでもチャージすることができ、オートチャージ・クレジットチャージでは3,000円以上からチャージ金額の設定をすることができます。

Tマネーを使用する場合は、TマネーをチャージしているTポイントカードを提示し、利用したい金額を店員に伝えるだけ。

ただこれだけでお支払いが完了するので、小銭要らずでスピード決済をすることができるので、便利ですよね♪

もし、買い上げ金額に足りなければ、その場でチャージして購入することができます。

※Tマネーの残高は、Tサイト内のTマネー残高確認ページや、
 レシートで確認することができます。
 また、レジでも確認することができるので、気軽に店員に尋ねてみてくださいね♪

Tマネーチャージ方法(WEB)

店ではレジでチャージをすることができますが、現金が無ければチャージすることができません。

しかし、その場で現金を必要とせずにチャージする方法もあります。

それは、オートチャージクレジットチャージです。

この2つの方法を使うことで、残高不足を気にする必要は無く、簡単にいつでもどこでもチャージすることができます。

※この2つの方法は、クレジット機能付きTポイントカードのみです。

オートチャージ

Tマネー残高が設定金額を下回ったときに、登録していれば設定したチャージ金額が自動的にチャージされるサービスです。

例えば、自動でチャージされるタイミングの金額を1,000円、チャージ金額を5,000円に設定していたとします。

Tマネーの残高が1,200円で300円の買い物をしたとすると、買い物後、残高は900円になりますね。

そうすると、設定金額の1,000円を下回ったので、自動で5,000円チャージされ、結果残高は5,900円になるということです。

注意しなければならないのは、残高が立て続けに設定金額を下回った場合は、次の自動チャージまでタイムラグが発生する可能性があるので、もし自動チャージ金額よりも大きい額の買い物をするときは、その場で現金(クレジット)チャージすることをオススメ致します。

クレジットチャージ

名前の通り、クレジットカードからTマネーを即チャージできるサービスです。

オートチャージと違って、その都度自分で設定し、チャージを申請しなければならないので、少し手間がかかってしまいます。

しかし、買い物をする前に予め場所を選ばずチャージすることができるので、レジでもたもたすることなく支払いを済ますことができますし、現金に困ることがないので、チャージ金額を気にしなくていいので、安心して買い物ができますね♪

※下記カードは上記サービスの対象外です。

・Yahoo! JAPANカード(VISAブランドのみ)
・デビットTカードスルガバンク 
・ファミマTカード(Visaデビット付キャッシュカード)
・ソフトバンクカード
・マジカルクラブTカードJCB
・Tカード プラス(SMBCモビット next)

ギフトカード

クレジット機能付きのTポイントカードでなければ、オートチャージやクレジットチャージをすることができません。

しかし、クレジット機能が付いていないTポイントカードでも、WEBでチャージすることができます。

その方法がギフトカードを使ったチャージ方法です。

こちらがそのギフトカード

TSUTAYAやファミリーマートで販売されているので、そちらで買い求めてください。

まずTサイトに、Yahoo! JAPAN IDでログインします。

Yahoo! JAPAN IDに登録されているTポイントカードにチャージされますので、お気をつけ下さい。

Tマネー情報

→Tマネーギフトカード

→チャージ(入金)する

を順番にクリック。

PIN番号入力に移行するので、ギフトカードの番号を入力し、「チャージ(入金)する」ボタンを押すとチャージすることができます。

ギフトカードを使えばいつでもどこでもチャージすることはできますが、ギフトカードを購入するときに現金が必要なので、ギフトカードを買うよりもその場で現金チャージをした方が早いですね(笑)

人にプレゼントする分に関してはギフトカードの購入は良いと思いますが、自分で使うために購入するのであればその場で現金チャージをしましょう!

Tマネーのメリット

Tマネーを利用することでどのようなメリットがあるのかですが、現金で買い物するよりもポイント付与が多いという点です。

Tマネーの最大のメリットは、Tマネーで支払うことによって、500円毎に1ポイント付与されることです。

例えば、ファミリーマートでは、200円買い物する毎に1ポイント付与されます。

ではファミリーマートで1000円買い物するとします。

現金やTマネー以外の支払い方法では、単純に5ポイント付与されます。

一方、Tマネーで支払いをすると、500円毎に1ポイント付与されるので、2ポイント追加され、合計7ポイント付与されることになります。

ここまで述べてきて、500円毎にポイントが付与されるので、貯めるの難しいじゃんと思われた方もいるかもしれません。

500円単位で買い物をするとなると、一度の会計では結構な額になりますからね。

しかし、そうではないのです!

単純に500円買い物する毎に1ポイントではなく、月間の累積で計算されることになるので、一度に500円以上買い物する必要は無く、月の購入金額の累積で500円毎に1ポイント付与されます。

つまり、毎日200円の買い物をして、月間累積購入金額が6,000円だったとすると、Tマネーを利用するだけで月に12ポイント付与されることになるのです。

単純に12ポイント貯めるためには、2,400円分買い物しなければなりませんから、かなりこのポイントは大きいですよね♪

現金で支払い続ければ、たったの30ポイントしか付きませんが、Tマネーで支払うことで、42ポイント得ることができるというわけです。

1回の購入金額が大きい人ほど、Tマネーによるポイント付与も多くなるので、現金で支払い続けるのはかなり損をすることになりますね。

Tマネーのデメリット

同じ金額を支払うなら現金よりもTマネーで支払った方がもらえるポイントが多くなることがメリットでしたが、当然チャージしたらTマネー加盟店でしか利用できないので、使える店舗数が極めて少ないということが、なかなか利用者が増えない原因なのでしょう。

また、WAONや楽天Edyに比べてポイント還元率が0.2%とポイント還元率が低いので、Tマネーを利用するよりは、他の電子マネーを利用した方が得です。

特に、Tポイントを貯められるYahoo!JAPANカードは、ポイント還元率が1%なので、Tマネーの5倍のポイントを得られるので、キャッシュレスで支払いをする習慣のある方は、ポイント還元率の高い支払い方法を選択した方が良いでしょう。

チャージをするならこの日!(期間限定)

チャージをするにしても、よりお得にポイントを貯められる日にしましょう。

ファミリーマート

キャンペーン期間:2018年4月4日(水)~2019年2月28日(木)

毎週水曜日と金曜日のチャージの日にレジでチャージをすると、5ポイント獲得。

ポイント付与は1日に1回だけなので、同日に何度もチャージしても付与ポイントは5ポイント。

翌月の15日頃に付与されます。

TSUTAYA

キャンペーン期間:2018年4月7日(土)~2019年3月30日(土)

対象期間中の毎週土曜日(00:00~23:59)にTSUTAYAでTマネーをチャージすると5ポイント獲得。

翌月中旬頃に付与されますが、レシートには表示されないので注意。

ファミリーマート同様、同日に複数回チャージしても、5ポイント付与されるのみです。

まとめ

Tマネーは韓国から始まったサービス

電子マネーとして利用でき、現金やWEBからチャージをして使用する

Tマネーを利用できないTポイントカードもある

1,000円から30,000円までチャージ可能

WEBからチャージする方法は、オートチャージ、クレジットチャージ、ギフトカードの3種

現金で買い物するよりもポイント付与が高くなる

月間累積金額の500円毎に1ポイント付与されるので、一度に高い金額の買い物をする必要は無い

他のキャッシュレス支払い方法より、ポイント還元率が低い

ということでした。

いかがでしたでしょうか?

私はファミリーマートの店長をしていたので、Tマネーに常に20,000円ほどチャージして利用していましたが、すでに他のキャッシュレス支払いをしている方は無理にTマネーに変える必要は無いのかなと思います。

しかし、ファミリーマートやTSUTAYAを頻繁に利用するにも関わらず、いつも現金で支払いをしている方はかなりもったいないことをしています!

Tポイントカードは利用するのに、現金で支払っている方は、今すぐTマネーに切り替えてはいかがでしょうか?

結構驚異的なペースでポイントが貯まっていきますよ♪

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク