アルバイトの研修を意味有るものするためには?無駄な研修をしないように気をつけるポイント!

新人アルバイトの研修で困っている店長も多いのではないでしょうか。

研修をしたはいいものの、あまり成果が出ずに困っていませんか?

ですので、今回は新人アルバイト研修を意味有るものにするためにどうしたらいいかを紹介します!

スポンサーリンク



新人スタッフは一度に多くを受け入れられない

新人研修でたっぷり時間をかけて指導しているんだけど、なかなか自分の思い通りに動いてくれないというように、研修の成果が現れないことに困惑している店長がいるでしょう。

確かに研修にたっぷり時間を割いて研修するのは、とてもいいことです。

それだけできちんとスタッフを育てようとする意識は強く感じます。

しかし、教育は簡単なことではありません。

相手(新人スタッフ)も人間ですから、行動には何らかの気持ちの変化が必要になります。

何も無い状態から新しくアルバイト業務を覚えたり、職場の環境に慣れたり、知らない先輩達と働いたりしなければならないので、気持ちはいっぱいいっぱいでしょう。

ですので、アップアップしている状態の新人スタッフに、あれもしてこれもしてと矢継ぎ早に、指導してもほとんど聞き流していることが多いです。

これではいくら、店長がいい事言ってもスタッフの頭には残っていないので、その研修時間は全くの無駄と言っても過言ではなくなってしまいます。

では、研修を意味有るものにするためには、どうしたらいいでしょうか。

新人スタッフは緊張もしているでしょうし、業務を覚えることで必死でしょう。

そんな状態では、細かくあなたの思いを伝えたところで、記憶にすら残らないはずです。

そうならないためには、あなたが言っていることを理解してもらうことが重要です。

つまり、人の話を聴くことができるくらい精神的に余裕を持たせてあげるということが、意義のある研修にすることができるのです。

気持ちの余裕が研修を意味有るものする

先ほど研修の際には、新人スタッフに気持ちの余裕を持たせることが重要と申しました。

いくら誠意ある指導をしても、相手に話を聴いたり覚えたりする余裕がなければ、流して聴いてしまうからです。

では、気持ちに余裕が生まれることで、どのような変化があるのかをお伝えします。

新人スタッフに、気持ちの余裕が生まれることで、考える余裕が生まれます。

考える余裕が生まれるということは、行動の選択ができるということになります。

つまり、この情報が今すぐには必要ないから軽くメモしておくくらいでいいだろう、この情報は大事だからメモよりも意識して聴こうといった、自分の中で優先順位を付けることができるようになるということです。

ですので、大事だと思ったことに対しては、無意識に集中して、もし疑問に思ったのであれば質問するなどして、理解を深めようとします。

そうすると、一つ一つの話をきちんと理解して、吸収することができるので、一度言ったことでも深く記憶に残るのです。

この新人スタッフに物事を考えさせるという行動が、研修において一番重要なことなのです。

スタッフに考えさせながら研修を進めるのと、一方的に教えるのとでは、同じ時間を使ってもスタッフの吸収率は圧倒的に異なってきます。

意味の有る研修にするには、スタッフを中心に研修を進めることにあるのです。

余裕を持たせるために必要なこと

有意義な研修にするには、スタッフがいかに余裕を持って研修を進めることができるかが重要です。

では、スタッフに余裕を持たせるためには一体どうしたらいいでしょうか?

研修で大事なことは焦って研修を進めないことです。

焦って研修を進めるというのは、スタッフ中心ではなく、自分本位で研修を進めるということです。

研修で気をつけなければならないことは、自分の気分次第で研修を早く進めてしまうと、スタッフが置いてけぼりになってしまう可能性があるということです。

これくらいの説明をしておけばわかるだろ。

前の新人スタッフはこのスピードでついて来ていたから、このくらいで大丈夫だろ。

と相手を省みず自分の価値観で研修を進めることは、絶対に止めましょう。

人によって、能力は異なります。

記憶力や対応力、興味やモチベーションは人様々です。

同じ話し方をしていても、理解できる人もいればできない人もいます。

ですので、研修相手が変わる度に、研修の仕方を変えていかなければなりません。

つまり、この世に同じ研修は無いということです!

必ず、研修を進めるときは、相手の様子を見ながら話すスピード、言葉遣い、動作を含めるなど接し方を変えていきましょう。

自分本位の研修をするのではなく、相手に合わせて研修を進めていくことが、余裕を生み出すポイントです。

オススメの研修方法

相手に合わせた研修をすることが重要ですが、出会ったばかりの新人スタッフのことなんて全くわかりませんよね。

ですが、相手に合わせて研修を進めなければなりません。

そこで、私は研修するときは、常に相手に問題形式で質問をするようにしていました。

例えば、レジの支払い方法で、現金払い、クレジット払い、ポイント払い、クーポン払いなどがありますよね。

そこで、「お客様が支払う方法にいくつかあるけど、タバコを購入できる支払い方法は何だと思う?」といった質問をしていました。

他にも、「お客様の支払い方法の中で、同時に使えない方法があるんだけど、その組み合わせは一体なんでしょうか?」など、実際にスタッフが回答に悩んでしまうような質問をしていましたね。

そうすると、新人スタッフは考えて、答えを出しますよね。

わざと考えさせるような質問をすることで、そのスタッフがどのくらい習得しているかが一瞬でわかります。

きちんと理解した状態で次のステップに進めることができますし、理解できていなければ理解できるまで解説をします。

考える余裕を持たせながら研修を進めていくためには、わからないという状態で話を進めないということが重要です。

また、小まめに考えさせることで、考える癖を付けさせることができますね。

考える癖のあるスタッフは何か問題が起きた場合に、自分で考えて答えを出すようになります。

そうすると、臨機応変に行動をすることができるようになるので、他のスタッフから頼られるようになり、エーススタッフとして活躍してくれるはずです♪

いかがでしたでしょうか?

研修で重要なのは、スタッフの心の余裕を持たせた状態で研修を進めることです。

そのためには、相手中心の研修をするようにしましょう。

長期的にエースとして頑張ってもらうためには、初期教育でいかに考える癖を付けさせるかが大事ですよ♪

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク