理想は大きく!目標は小さく!長期間モチベーションを高く保つ方法!

コンビニ店長はモチベーションを維持するのって結構大変なんですよね。

モチベーション次第で仕事の効率が全く変わってきますので、私が店長時代にしていたモチベーションの保ち方を紹介します!

スポンサーリンク



モチベーションを高めるには?

モチベーションを高める方法は多くの人が紹介していると思います。

人によってモチベーションの考え方は違うと思いますが、私はモチベーションを保つためには目標を持つことが重要だと考えています。

よく自分に対してモチベーションを上げようとする人がいますが、勘違いして欲しくないのはモチベーションは上げようとしても自ら上げることはできないということです。

モチベーションは自分で上げるものではなく、勝手に上がるものなのです。

自分に対してモチベーションを下げるなんて言いませんよね?(笑)

そもそもモチベーションとは、物事に対して意欲的、やる気になることを言います。

自分でやる気を出そうとしても何かしなければならないことがないと、いきなりやる気を起こすことってできないですよね?

何かをやろうとする行動目的がなければ、やる気を起こす以前に、何もする気は生まれないのです。

この何もする気が起こらない状態をモチベーションが下がっている状態だと私は考えます。

モチベーションが上がる仕組みを作ろう!

先ほども述べましたが、モチベーションは上げることはできません。

モチベーションは目標を設定することで生まれる副産物みたいなものなのです。

目標を設定すると、自然とその目標を達成するために、色々考え、前を向いて仕事に取り組みますよね?

その試行錯誤を繰り返し、前を向いている姿勢がモチベーションに繋がるのです。

前向きな姿勢は何事もポジティブに考えることになるので、周りから見ても楽しそうに活き活き働いているように見えるのです。

どうせなら、プライベートだけでなく、仕事でも充実した生活を送りたいですよね。

そのためには、モチベーションが上がるためには、意欲的に働くきっかけを作らなければならないのです。

目標の立て方

目標を立てることは大事なのですが、何を目標にするかも重要になります。

目標を立てることでなぜモチベーションが上がるのかというと、達成感を味わうことができるからです。

達成感を味わうと満足感も感じることができ、それが心地よいから目標を達成するためにやる気になるのです。

ですので、達成感を味わうには、目標を達成することが前提になります。

要は、達成可能の目標を立てる必要があるということです。

達成できなければ、達成感を味わうことができず、頑張れば頑張るだけ、何をやってもダメなんだと逆にマイナスに考えてしまうようになるからです。

万が一諦めるようなことがあれば、モチベーションが上がるどころか下がってしまうので、現実的に達成可能であることを目標にすることが重要です。

長期間モチベーションを保つためには適度に達成感を味わい、充実した生活を送る必要があります。

達成が難しい目標は逆に、達成できないことに対し悩み、ストレスを抱えることになるので、現実的に目標達成が可能かどうかは考えるようにしましょう。

理想はあくまで最終目標!

目標を設定するときは、気持ちが萎えないようになるべくハードルを低めにするように述べましたが、目標を立てると同時に、理想も考えていただきたいのです。

ここでいう理想は漠然としたものでもかまいません。

「明るい雰囲気のお店にしたい」でもいいし、「お手本となるような店にしたい」でもかまいません。

もちろん、売上げや利益など数字でもいいです。

この理想は大きければ大きい方がいいですね。

例えば、「1ヶ月の売上げを100万円上げたい」でもいいです。

コンビニで1ヶ月100万円上げることはなかなか難しいのですが、あくまでこれは理想なので全く問題ありません。

ここで気をつけていただきたいのは、理想をいきなり目標にしないようにすることです。

いきなり月100万円上げることを目標にしていては、現実的ではありませんし、ほとんどの店長は「どうせ無理だろ」とマイナス思考に陥るのが目に見えています。

マイナス思考に陥ってしまうと、逆にモチベーションは下がってしまいますからね。

ですので、いきなり理想を目標にするのではなく、理想を最終目標にするために、段階を踏んで目標を立てていくようにするのです。

10という理想を掲げたなら、いきなり10を目標にするのではなく、まずは1を目標に取り組み、次に2、3、4・・・9、そして最後に10を目標にします。

つまり、始めの目標は小さく設定し、徐々にハードルを上げていき、最終的に最後の目標を理想に設定するのです。

月100万円上げるのは厳しくても、月1万円上げるのはどうでしょうか?

つまり、1日300~400円売上げれば可能です。

コンビニの売上げを1日400円上げることは、決して不可能ではありませんよね?

そして次に1日1000円を目標に設定し、次に2000円と徐々に目標を上げていくのです。

最終的に1日3~4万円上げて、最初の頃と比較して月100万に到達すれば理想である最終目標に到達できますよね。

このように、大きく理想を掲げ、それを達成するために段階を踏んで目標を立て仕事に取り組むことで、常に成長を実感することができるし、取り組んでいる間は常にモチベーションが上がっている状態になるのです。

理想のスケールは気にしない

モチベーションを維持するためには目標達成は必須です。

ですので、目標はなるべく細かく立てなければなりませんが、理想は到達しようがしまいがこの際どうでもいいのです。

大事なのは、モチベーションを長期間保つことなので、理想が達成しようがしまいが最終目標なので、この段階を迎えた瞬間にモチベーションは下がります。

確かに理想に到達できればすばらしい店になっているのは間違いないでしょう。

しかし、私は現実的に到達できないと考えて、理想を低くして欲しくはありません。

最終的に理想に到達することができなくても、理想を大きくすればするほど、モチベーションを長く保つことができるし、それだけ成長の幅が広がるのです。

最終目標はあくまで理想なので、達成できないことの方が多いでしょう。

ですが、理想に到達することができなくても、最初の頃と比較すると確実に成長しているのです。

細かく目標を設定し、試行錯誤して月50万円までしか上げることが出来なかったとしても、50万円上げることができたのです。

100万円という理想を掲げ目標を設定しなければ、50万円どころか1万円も上がらなかったかもしれません。

理想を50万円にしていたら、もしかしたら、25万円までしか上がらなかったかもしれません。

100万円上げようと努力したからこそ、50万円上げることができたのです。

最初から50万円しか上げるつもりがなかったのなら、努力も半分になるので、それだけ仕事に対してのエネルギーが小さくなってしまい、25万円しか上がらなかったかもしれませんよね?

理想のスケールを大きくすることで、理想に届かなかったとして、その分達成感と成長幅は大きくなるのです。

理想に到達させるために一通り、取り組んだ後は気持ちが落ち着き、モチベーションが下がりますが、また新たに大きな理想を掲げ、目標を設定しましょう。

人は成長することを諦めた瞬間にモチベーションが下がるので、また成長することを望めばいいわけです。

成長することに充実感満足感を抱くので、モチベーションを高くしたいのであれば、大きな理想を胸に常に前向きに行動しましょう!

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク