発注業務は店長に必要なスキルを培ういい練習!オリジナル性を出して成長に繋げよう!

副店長やマネージャーがいる店は店長の代わりに発注業務を担う人がいると思います。

もしかすると、アルバイトの中にも発注を担当している人がいるかもしれませんね。

発注を任されているのは、大きな成長のチャンスですので、この機会に大きくスキルアップしちゃいましょう!

スポンサーリンク



発注業務は成長のチャンス

私が店長時代、他店舗の発注を担当している副店長やマネージャー、アルバイトから相談をされることがよくありました。

まあ、相談の中心は店長に対する愚痴になってしまいますよね(笑)

その中でもよく出てきた不満は、

「店長は発注せずに発注業務を全部自分に押し付けてくる」

「発注しても店長に見直しですぐに変えられるから、自分がしても意味がない」

といった発注に対して消極的なことでした。

つまり、発注担当者は店長から発注をやらされているような感じで仕事をしていたのです。

そこで私は「発注をするときには、何を考えながらやっているの?」と聞くと、「店長の発注した数字を真似ながら発注している」と言うのです。

私はこれはすごくもったいないなと思いながら、不満を聞いていました。

発注をすることで、商品の動向や人の流れを把握でき、次第に売れ具合から商品の不動向が瞬時に予測ができるようになります。

また、お店の売上げに貢献できる栄誉あることだと私は思っています。

ですので、私は発注を任されていることは大きなチャンスだと思います。

将来的には店長になる人も出てくるでしょうし、必ず毎日する業務なので、何も考えずやらされながら働くのは時間が勿体ないですし、スキルアップの機会を自分で放り投げているようなものです。

ですので、消極的な考えを持っている人はすごくもったいないことしてますよ!

発注のポイント

発注には学べることがたくさんあります。

しかし、ただ店長の真似事だけして、数字を打ちこむだけの作業になってしまうと、発注で学べることが無くなってしまうのです。

発注をする上で一番怖いのは勘で発注数を決めてしまうことです。

私は、発注担当者に「間違ってもいいから、勘ではなくて何か根拠をもって数字を決めるようにしてね」と教えていました。

発注とは簡単にいうと予想ゲームなのです。

発注は一日どのくらい売れて、次回以降の納品までにどのくらい残るかを予想し、不足分を補うという業務なのです。

つまり、過去のデータを元に予想するから発注ができるのです。

勘や店長の真似事をしているだけでは予想をしているとは言えません。

もちろん、勘や真似事が当たるときもありますが、その場しのぎで次回以降は逆に外れるかもしれません。

毎回の発注でそんな博打をしていると、不良在庫を抱えてしまったり、長期間欠品を引き起こしてしまったりと店やお客様に迷惑をかけてしまいかねません。

ですので、発注をする際には必ず根拠を持つようにしてください。

店長に必要なものを身につけよう!

店長になる上で必要なものってなんだと思いますか?

それは、決断力です!

店長の行うことには全て責任が伴ってきます。

また、仕事をする上で必ず選択肢があり、常に選択することが求められるのです。

日ごろから考えるくせをつけていなければ、選択を迫られたときに、瞬時に冷静な判断ができず、間違った選択をしてしまうことがあります。

発注は毎日する業務であり、副店長やマネージャーでも任されることが多い業務です。

この毎日する業務が決断力を培うための練習になるのです。

そのために、発注では根拠を持つことが大事なのです。

また、発注をするだけで終わりにせず、必ず振り返るようにしましょう。

どうしてこの発注数にしたのか、どうして他の要因を考えなかったのかと反省から、次に生かすことができます。

そうした自分の行動の根拠や結果は過去のデータとして自分の中に蓄積されていきます。

蓄積された経験の数だけ物事の判断材料になるので瞬時に判断する決断力が生まれるのです。

「店長が打ち込んでいた数字を見て発注しました」では根拠として弱いです。

自分で考えていない分、経験として定着されにくいからです。

今後店長になろうと考えている方は、日々の発注で手を抜かず、自分の成長のチャンスと思って取り組むようにしましょう。

あくまで発注は予想の元に行うので、いくら時間をかけて考えたところで外れるときはあります。

自分のせいにされたくないからとミスを恐れる気持ちは分かりますが、自分で考えるからこそ意味があり、それを失敗しながら毎回繰り返し行う事で、思考力や判断力が身につき、自分の行動に自信を持つことができるようになるのです。

店長になったときに、自信を持って仕事ができるようになるためには、決断力を身につけることが必須です!

しかし、大きな失敗を防ぐことはできますし、基本的に当たることの方が多いです。

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク