防犯のため?コンビニで両替を断っている理由とは?

コンビニで両替をお願いしたら断られたという人は結構いるんじゃないでしょうか?

それくらいいいじゃんと思われるかもしれませんが、ちゃんとした理由があるのです。

少しでも理解してくれる人が増えると嬉しいです。

スポンサーリンク



両替を断る理由とは?

両替を断る理由の一番は、防犯のためです。

もし両替をするのであれば、一度お金が入っている箱(ドロアー)を開けなければなりません。

両替をお願いされ、店員がドロアーを開けた瞬間に客に襲われ、ドロアー内のお金が盗まれるという強盗事件が頻発したことがありました。

信じられないかもしれませんが、夜間の人が少ない時間帯にスタッフ一人で回している店は、そうした手口で強盗に遭っていることが多いのです。

店員サイドはまさか襲われるだなんて思っていないですしね。

今でもたまにニュースになることもありますね。

ですので、防犯としてなるべくお客様にお金を見せないようにするのが目的なのです。

買い物でおつりがある場合に、ドロアーを開けるのは仕方がないですが、レジにどのくらいお金が入っているかを見られるのはよくないですね。

トラブルに繋がる?

たまにお金が間違っているとクレームを言い出す人がいます。

これは両替の話ではないのですが、例えば、買い物の金額が千円だとします。

お客様が1万円出して、おつり9千円を渡すのですが、このとき店員はちゃんと数え、おつりを受け取った客はその場から立ち去ります。

そして、すぐに戻ってきて8千円しかもらってないと言い出すのです。

確かに、おつりの渡しミスもあるのですが、わざと狙って言ってくる悪質な人もいます。

しかも、そういう人は店員を選ぶ癖があり、気の弱そうな人を狙ってきます。

少し店員にプレッシャーをかけるだけでお金が貰えると味を占めてしまったためか、常習的に犯行を繰り返すようになるのです。

そうした人が両替を手口にしてくるともっと悪質ですよね。

なぜなら、1円も払うことなくお金を貰えるのですから。

そうした可能性もあり、トラブル防止のため両替を断っているのです。

もしかすると、そうした両替のお金の渡しミスによるトラブルが発生した店があるかもしれないですね。

店側にも理由が?

先ほどトラブル防止のためと述べましたが、トラブルではなく店員のお金の渡しミスもあるのです。

少なく渡してしまった場合は、お客様に迷惑をおかけしますし、多く渡してしまうとお店の損失になりますからね。

そうした意味でも過不足金の発生を抑制するために両替を断っているのです。

少なく渡したらクレームに繋がり、お客様の信用を失うことになるので、周りに迷惑をかけないように取り組むのは当たり前ですよね。

コンビニが両替を断る理由について知っていただけたでしょうか?

アルバイトも両替をしないように言われているはずなので、無理にお願いして店員を困らせるようなことは控えてあげてくださいね。

一番安い商品でいいので、商品を購入してお金を崩して対応するようにお願い致します。

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク