[コンビニ]未成年へのタバコお酒販売防止のために、年齢確認を徹底しよう!

今年も全国各地で成人式が行われていますね♪

今年成人を迎えられた方々おめでとうございます!

ほとんどが成人だとは思いますが、まだ中には成人を迎えていない人も多く混ざっていますね。

そうした状況で、コンビニを経営する側としては、未成年へのタバコやお酒の販売を阻止しなくてはなりません。

この時期、どうしてもタバコやお酒を求める未成年が増えてしまいますので、年齢確認を徹底するようにしましょう!

スポンサーリンク



年齢確認の重要性

年齢確認をしなければならない理由に関しては説明しなくてもいいと思いますが、未成年へのタバコやお酒の販売防止のためですね。

未成年になぜ販売してはいけないのかについては、未成年のころから喫煙や飲酒をしてしまうと、脳の発達が阻害され、成人から喫煙や飲酒を始めた人よりも止めることが難しいからです。

まあ、新成人の未成年はすぐに成人を迎えてしまうので、そんなに影響は無いとは思いますが、ルールはルールですからね!

もうすぐ成人になるのであればそれまで待てばいいだけの話なので、きちんとルールを守ってもらいましょう。

そのためには、販売者側が成人か未成年かを見極め、未成年にたばこやお酒を販売しないように取り組む必要がありますね♪

ですので、年齢確認が重要になってきます。

年齢確認は店長の教育次第?

年齢確認しないといけないとわかっているのに、アルバイトがなかなか年齢確認をしない店は多いと思います。

店長などの責任者はアルバイトに年齢確認をするように指導しているとは思うのですが、ちょっと未成年かどうか怪しいお客様に対して、ためらいもなくタバコを販売している店が多いです。

私が店長時代助勤に言った店で、私の隣でレジ打ちをしていたスタッフが、いかにも未成年の人に対してタバコを販売しており、私が「今の未成年じゃない?」と尋ねたところ、「そうかもしれないですね(笑)」と返してきたことが衝撃で、今でも覚えています。

手が空いていれば、代わりに年齢確認をすることもあるのですが、その時は他のお客様のレジ対応していたのでできなかったです。

これは店長の教育だと思いますが、アルバイトが未成年にタバコやお酒を販売することに対して意識がかなり低いと思われます。

また、年齢確認をどうしたらいいかが分からないという声も多かったです。

恐らく、店長は年齢確認をしなさいと指導していると思うのですが、どう年齢確認をすればいいのかまでは説明していないのだと思いますね。

ですので、店長は、タバコやお酒を販売するときに年齢確認をするように伝えるだけでなく、年齢確認の方法まで指導する必要があるのです。

店長のするべき指導

店長は年齢確認の仕方までアルバイトに教育する必要があります。

レジのオペレーションは、年齢確認の対象となる商品をスキャンすると、お客様に成人かどうかの確認ボタンをタッチしてもらわなければなりません。

しかし、この確認ボタンだけでは年齢確認になりませんので、ボタンをタッチしてもらった後に、必ず身分証明書の提示をしてもらうことまで指導しましょう。

身分証明書は、免許証や学生証、保険証など購入者の生年月日を確認できるものであれば何でもいいです。

本来は、写真付きで本人の身分証明書かどうかまで確認した方がいいのでしょうが、そこまで求めてしまうと成人であっても年齢確認できない場合があります。

免許も持ってなくて、学生でなければ写真が付いている身分証明書と言えばパスポートやマイナンバーカードしかないので、なるべき年齢を確認できる幅を広くしておきたいですからね。

成人であれば保険証など何か一つくらい年齢が分かるものを持っているでしょうから。

逆に一つも持っていないというお客様はグレーで、成人よりも未成年の可能性の方が極めて高いです。

タバコやお酒を販売するときは、お客様の顔を見て、20代前半かそれ以上かを目視して、年齢確認をさせるくせをつけるようにしましょう!

年齢確認をしろと言うだけではアルバイトは決して年齢確認してくれませんから、具体的に身分証明書を見せてもらうことまで、実演して指導するようにしましょう。

未成年へのタバコやお酒販売防止をすることは大変難しいことですが、お店が積極的に年齢確認の取り組みをすることで、店の組織力が向上し、一つのチームとしてまとまりが生まれてきます。

ですので、ただ単に未成年へのタバコやお酒の販売防止だけでなく、目的意識を共有し一致団結して取り組むことで、組織として優秀な集団にすることができるのです。

年齢確認の徹底化は店にとってすごくメリットがあるので、もし店の団結力を高めたいと思っている店長は力を入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク