タバコの銘柄の覚え方が分からない人へ!タバコを素早く見つけるコツは?

コンビニのアルバイトを始めたばかりの頃ってタバコの銘柄を覚えることは大変ですよね。

そんなアルバイトを始めたての人へ、お客様が注文されてからタバコの銘柄を素早く探すコツを紹介します!

また、新人スタッフを教育する立場の人は、教育する際に参考にしていただければと思います!

スポンサーリンク



タバコの見方

そもそもタバコを吸ったことが無い人は、タバコ関連でよく聞くワードの意味がわからないという人は多いはずです。

私もタバコとは縁の無い生活を送っていたので、お客様から頼まれてもどれがどれだか全くわかりませんでした(笑)

ですので、素早くタバコを見つけるコツの前に、一通りタバコ関連でよく聞くワードを勉強しましょう!

抑えておくべきワード①

タバコを購入されるお客様は必ず「(タバコの銘柄)の○ミリ頂戴!」と言ってきます。

ここでタバコを知らない人は、ミリって何?となるわけです。

基本的にミリは長さを表す単位ですから、タバコの直径の長さが違うのかなと思っても仕方ありません。

では、一体ミリとはなんなのか。

それは、タバコの直径の長さではなく、タバコに含まれるニコチンやタールの量を表しているのです。

ですので、お客様から「メビウスの3ミリ下さい」と言われたら、メビウスという銘柄でタール量が3mgと書かれたタバコを探せばいいということです♪

抑えておくべきワード②

タバコの銘柄は覚えていただくとして、次にお客様から言われて「ん?」となるのが、ソフトとボックスというワードです。

意味としては柔らかいと箱ですが、使い分けとしては、柔らかい箱と硬い箱というニュアンスです。

例えば、セブンスターという商品には、箱がソフトな物とハードな物があります。

実際に持って比べてみると、全く違うのですぐにわかると思います。

ですので、お客様は「セブンスターのソフト(ボックス)頂戴」と言ってきます。

ソフトと言われたら軽く握って潰れそうな方を、ボックスと言われたら潰すのに力がいりそうな方を渡してください。

ほとんどの方はソフトなのかボックスなのか言ってくれますが、中には銘柄とミリ数しか言わない方がいます。

その場合は、基本的にソフトのことを言っている人が大部分なので、「(銘柄)の○ミリのソフトでございますね」と復唱して、相手の反応を見ましょう。

相手が否定しなければそのままソフトを、ボックスであることを言い忘れていれば否定してくるので、そのときはボックスを選んでください。

抑えておくべきワード③

ミリやソフト/ボックスと同じように聞くワードが、ショートとロングです。

これはそのまんまの意味で、タバコが短いか長いかの違いです。

これも実際に見ていただければわかるのですが、明らかに並べてみると長さが違います。

これに関してはイメージも着きやすいので問題ないのかなと思います。

ただし、棚に並べてある状態でタバコの長さを見比べるのは大変なので、すぐに見極めるポイントは、箱に100’sと表記があるかないかです。

100’sと表記されていればロングで、されていなければショートということです。

タバコ覚えておくべきワードは、「ミリ」「ソフト/ボックス」「ショート/ロング」です!

タバコの探し方

はっきり言って最初から全てのタバコを覚えようとしなくて大丈夫です!

新人のアルバイトがレジの裏のタバコ什器を見てため息をつくくらい、タバコの種類は多いです。

ほとんどの店舗でだいたい200~250種類ほどあるのではないでしょうか?

それをいきなり全て覚えようとするのは無理があるからです。

日ごろから勉強をしており単語や文章を暗記するくせのある人や暗記そのものが得意な人は、1週間ほどすれば難なく覚えることができるかもしれません。

しかし、中には暗記が苦手な人もいます。

私も学生のころは暗記が苦手で、超理系人間でした(笑)

コンビニの仕事は一人でやることが多く、ゆっくりタバコの銘柄を覚えている時間はありません。

しかし、タバコの銘柄を覚えなければ、お客様から注文されたタバコをすぐに見つけることができずに、お客様を待たせてしまうことになるので、できれば早く銘柄は覚えた方がいいですね。

ではタバコの銘柄をどうやって覚えたらいいでしょうか?

確かにタバコの種類は200種類以上あるのですが、銘柄となるとその1/4ほどです。

というのも一つの銘柄でも種類が何十種類もあり、一つの銘柄を覚えれば何十種類ものタバコを探すことができるのです。

先ほど紹介したように、一つの銘柄でも、タバコに含まれるニコチン・タール量が違うものが多数あります。

例えばメビウス1mgと3mgの違いは、単純にニコチン・タール量が違うだけで、タバコの本質は変わりません。

また、同じニコチン量でも長さが違うものもありますね。

吸う人によって味が違うと感じる人はいるようですが、タバコ業者の人に話を聞いたら、ニコチン量や長さが違っても味そのものは変わらないと言っていました。

どうやら吸った後のニコチンの摂取量が違うだけで、商品の味は変わらないようです。

他にも同じ銘柄であっても、ミントやブルーベリーなどのフレーバーが付いているものもあり、これらは同じ銘柄ですが、味が変わってきます。

このようにたくさん種類はありますが、銘柄を把握していれば全ての種類のタバコを探すことができるのです。

アルバイトを始め経ての人は、まずは、よく売れる銘柄を5つほど覚えることから始めましょう!

基本的に始めの内は、セブンスター、メビウス、ケント、マルボロ、ピアニッシモは覚えておいた方がいいかもしれません。

最近では加熱式タバコの売上げが上がっているので、プラスαでアイコスやグローも覚えておいて損はないです。

これらはどの店でも安定して売れている銘柄です。

しかし、地域や客層、常連客によっては、売れる銘柄が変わってくるので、他のアルバイトに売れる銘柄トップ5くらいを聞いて、それを覚えるようにしましょう!

売上げトップ5の銘柄を抑えておくだけで、その店の半分は網羅しているはずですので、タバコの種類を覚えるハードルが確実に下がるはずですよ♪

グループの位置を把握しておこう!

私はタバコを吸いませんので、セブンスターやメビウスなど誰もが知っているような銘柄でさえ一つも知りませんでした。

ですので、店にあるタバコ全てが私の知らないものだったのです。

お客様に「セブンスター一つ」と言われても、「セブンスターって何ですか?」と他の店員に聞いていたくらいですから(笑)

ですので、私は先ほど紹介したようにとにかくよく売れる銘柄を覚えることから始めました。

ただ単純に銘柄を覚えるのではなく、その銘柄のグループの配置を同時に覚えるのです。

什器には、銘柄ごとに固まって陳列されています

ですので、グループ全体の位置を把握しておくと、お客様にタバコを頼まれたときは、それが含まれるグループのエリアの中から探すことができるので、求められたタバコを見つけやすくなります。

全ての種類から探そうとするよりも、把握しているグループのエリアから探した方が圧倒的に早いのは理解していただけると思います。

コンビニである程度キャリアを積むと、自然と銘柄のグループの位置を覚え、そこから探すようになります。

しかし、働き始めのアルバイトは、全ての種類の中から探そうとするので、なかなか見つけることができず、お客様を待たせてしまうことになります。

なかなか見つけることができないので、焦りが生まれ余計欲しい商品を見つけることが困難になるのです。

ですので、大雑把に銘柄のエリアを把握しておくだけで、見つけるスピードが変わってくるはずですよ♪

人気上位以外の銘柄は?

最初の内はよく売れる銘柄だけを覚え、他の銘柄を頼まれたときは、什器を見渡してすぐに見つからないようであれば、レジ内にいる近くのスタッフに尋ねましょう

お客様から頼まれたときに、もし知らない銘柄だった場合は、そのレジ対応が終わり次第すぐに位置を覚えるようにしましょう!

それを繰り返して覚える銘柄の数を増やしていきましょう。

一度お客様から商品を求められ、実際に什器からタバコを取り出すことで、その一連の行動が脳内にインプットされます。

知らない銘柄は印象が強く残りやすいので、知らない銘柄を頼まれたらレジ対応が終わり次第、その位置を把握するようにしましょう!

人気上位以外の銘柄は次に購入されるお客様がいつ現れるかわかりません。

ですので、覚えるタイミングを逃し時間が空いてしまうとなかなか脳に定着されず、いつまで経っても銘柄の位置を覚えられないのです。

ポイントは、お客様から頼まれた直後に位置を覚えるということですよ♪

新人アルバイトの難関の一つであるタバコの位置の把握ですが、最初に探し方のコツを教えておくだけで、お客様から注文されて探し出すまでのスピードが全然違います。

しかし、私はタバコ探しのコツを教えている人を見たことがありません。

「働いていれば自然と覚えてくるよ♪」くらいしか声をかけていないようでした。

ですので、教育する際に売れる銘柄トップ5の位置を覚えさせ、それ以外の銘柄に関しては売れたときに時間を空けずにすぐに覚えさせる癖をつけさせましょう。

タバコをなかなか見つけることができないという人は、銘柄のグループの配置を把握することがポイントです。

銘柄のグループさえ位置がわかっていれば、探すのに苦労しなくて済むはずですよ♪

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク