コンビニの面接で気をつけるポイント③!~使命感を持って働くことを伝えよう♪~

コンビニでアルバイトをしようかなと考えている人に、採用してもらえるように面接で意識しておいた方がいいことを紹介します!

前回、コンビニで求められる人の特徴その②の「仕事を覚えるための努力ができるか」を踏まえて、採用してもらうための面接のポイントを紹介しましたね。
コンビニの面接で気をつけるポイントとは?~意欲的な姿勢を見せよう♪~

今回は、コンビニで求められる人の特徴その③の「仕事を淡々とこなせるかどうか」についてどうアピールすればいいかを紹介します♪

スポンサーリンク



仕事を最後までやり遂げることが大事!

やり遂げるという意味は、傍から見ると難しそうに見え誰も手をつけないことを、自ら進んで挑戦し最後まで諦めずに終わらせるということです。

これはコンビニで働く上で大変重要な気持ちの持ち方なのです。

コンビニは日によって忙しさがバラバラなので、暇なときもあれば忙しい日もあります。

レジ対応は淡々とレジをこなせばいいですが、納品の量が多かったり、掃除しなければならない部分が多かったりすると気持ちがどうしても沈みがちです。

たまに2日分ではないかと思えるような量の納品があったり、大掃除をする際に長年の汚れが溜まり、綺麗にするまで手がかかりそうなときは、取り掛かるまでにある程度の覚悟が必要です。

苦労することは見た瞬間にわかりますからね(笑)

ですので、本音としては誰もやりたくないのです。

中には自分が楽をするために見てみぬふりをしたり、他の人に任せようとする人もいます。

まあやりたくないからしないというのはスタッフのわがままですので、そこは責任者がさせないといけないのですが、そんな誰もが行いたくない業務であっても、自ら進んで行う人がいれば、責任者からすればどんなに心強いでしょうか。

確かに最後まで終わらせることは大事ですが、誰もがやりたがらないことを率先して行うことに価値があるのです。

もしそのような人がいれば頼りになりますし、責任者からの信頼は厚いものになることは間違いないでしょう。

淡々と仕事をこなすには?

仕事を淡々とこなすためには、まずは自分が楽をすることを考えないようにすることが大事です。

仕事をする上で自分の有利な展開に持っていこうとするから、その場その場の仕事の量で気持ちが揺さぶられるのです。

目の前の仕事を終わらせるまでにどのくらい自分が苦労させられるのかを考えてしまうと、気持ちが浮き沈みしてしまうということですね。

自分の与えられた仕事をこなすことで給料をもらえるのですから、目の前の仕事をこなすことは当たり前なのです。

楽をして給料をもらおうとすることを考えると自分中心に物事を考えてしまいます。

消極的に仕事をしてしまう人は、仕事を淡々とこなすために、とにかく何も考えずに目の前の仕事に取り掛かるようにしましょう。

取り掛かる前から全てを終わらせようと考えないことがポイントです。

取り掛かり始めてどのようにしたら時間内に終わるかを考えながら仕事を進めると、気持ちがマイナスにならずに積極的に取り組むことができます。

時間内に終わらなければ、次の勤務帯の人にしっかり引継ぐくらいの気持ちで取り掛かり始めましょう♪

面接でのアピール方法

どのような仕事でも淡々とこなすことができるということをアピールするには、面接でそのまま直接伝えることが大事です。

つまり、誰もがやりたがらない雑用でも進んで行うということをダイレクトに伝えましょう。

面接に来る大抵の人は、話は自分のことが中心になってしまいます。

ですので、面接時に「掃除や片付けは得意なので、他の人が手を付けたがらないことでも任せてください」とでも言えれば、間違いなく面接官に響くはずです。

仕事は一人でするものではなく、チームでするものですから自分を犠牲にしてでも店のために尽力してくれる人を責任者は求めます。

ですので、店のためにしなければならないことは率先して行うということを直接言葉で伝えることが効果的です。

面接に来る人でまずそのようなことを言う人はいません(笑)

面接はいかに印象強く残せるかが勝負ですので、他の人との差異を大きくするために、しっかり面接でアピールしましょう♪

誰もがやりたがらないような仕事は確かにあります。

しかし、実際はコンビニの仕事はレジ打ちと品出しが基本なので、逃げ出したくなるほどの業務は滅多にありません。

大きなイベントが重なったときくらいですかね。

店によっては人手不足で苦労を強いられる可能性はありますが、それでも勤務時間は決まっているのですから、勤務時間内で自分のできることをすればいいのです。

終わらなかったからといって自ら勤務時間外も働く必要はありません。

また、面接でどんな仕事でも率先して行うと言ったところで、実際は全ての仕事を押しつけれるということはなく、スタッフ皆で仕事を分配するはずです。

自分に与えられたやるべき仕事を当たり前のように取り組めばいいのです。

面接で言ったことによって、スタッフ毎に仕事内容が変わるかというとそんなことはありませんので、安心して面接でアピールしてください♪

黙々と仕事をこなすことが得意な人は、淡々と仕事ができることをアピールしていきましょう!

次回はいよいよ最後ですね!

コンビニで求められる人の特徴その④の「きつい時こそ声を出せるかどうか」についてどうアピールすればいいかを紹介します♪

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク