オーナー店のコンビニでも廃棄をもらえない理由とは?

コンビニによっては廃棄をもらえる店ともらえない店がありますよね。

廃棄をもらえる店もあるのに、なぜもらえない店があるのでしょうか?

ちなみに廃棄をもらえる店ともらえない店の違いはこちらで紹介しております♪
廃棄がもらえる店ともらえない店の違いとは?全てのコンビニが廃棄をくれるとは限らない!

スポンサーリンク



お店の商品は全てオーナーの所有物

オーナー店は商品はオーナーのお金で仕入れています。

ですので、店内にある商品は全てオーナーの物です。

つまりお店の商品をどうするかは全てオーナーの権限で決めることができます。

オーナーが廃棄を持って帰っていいと言えば、廃棄をもらうことができますし、持って帰ってはダメと言えば廃棄をもらうことができません。

では、なぜ廃棄を持って帰ってはダメと言うオーナーがいるのでしょうか?

なぜ廃棄をもらえない?

廃棄をもらえない理由はいくつか考えられます。

理由その①

『本部との契約で決められている』

コンビニを経営するオーナーと本部とでフランチャイズ契約を結ぶのですが、その契約で商品が廃棄になった場合、責任を持って処分をしなければならないと決められているようです。

廃棄になる商品というのは人の口に入るものがほとんどですので、廃棄になった商品を食べて、身体に異常が発生し体調を崩す人が現れる可能性があります。

安全に摂取することができる期間が過ぎたわけですから廃棄をするのです。

ですので、廃棄になった商品を食べて、何か体に不具合が発生するかもしれませんよね?

食中毒で最悪死に至ることもあり得ることですので、廃棄になった商品は人の口に入らないように責任を持って捨てるようにオーナーは言われているのです。

もし、スタッフに廃棄を配ってそれで体調を崩されたら、全てオーナーの責任になってしまいますからね・・・。

そんな危ない橋を渡りたいと思わないオーナーがいるのは当然でしょうね。

理由その②

『悪知恵を働かせるスタッフが現れる』

廃棄をもらう習慣がなかった人は、最初オーナーから廃棄を持って帰っていいと言われたときは食費が浮き、嬉しさのあまり頬を緩ませたでしょう。

しかし、廃棄が出たら持って帰るということが当たり前になったとき、廃棄をもらえることにありがたみを感じなくなってしまいます。

廃棄をもらうことが当然の権利のようになってしまうということです。

そうなってしまうと、アルバイトからすれば廃棄が出た方が、自分がもらえる可能性が高くなるので、自然と廃棄が出ることを望むようになります。

廃棄をもらうことが習慣になれば、廃棄をもらいたいがために、わざわざ廃棄になるように細工をするスタッフが現れるのです。

弁当など新たに納品されれば、新しい商品は後ろ、廃棄が一番近い商品を最も手前に並べるのが当たり前なのですが、納品時新しい商品を手前に、廃棄の時間が近い商品を後ろに並べて、廃棄が出やすくなるように悪知恵を働かせてしまうのです。

廃棄が出ると仕入額分損をしてしまいます。

また、きちんと整理をしていれば売れて廃棄が出なくて済むときもあります。

どちらにしても廃棄が出るように悪知恵を働かせるスタッフはオーナーの敵ですので、廃棄を出すことにメリットを感じさせないために、廃棄をスタッフに渡さないオーナーがいるのでしょう。

理由その③

『不正に繋がる可能性がある』

先ほどは悪知恵を働かせても、あくまで廃棄が出る可能性があるだけで全て売れて廃棄が出ない場合もあります。

しかし、中には確実に自分が持って帰ろうとするスタッフがいるのです。

まだ販売できるのに、自分が食べたいから売れないように売り場から撤去して廃棄にするといったように不正をするスタッフが現れる可能性があるのです。

つまり、自分でわざわざ廃棄にするスタッフが出てくるかもしれないということですね。

考えたくないですが、平気で人の厚意を踏みにじる人はいます。

自分で廃棄にするのはかなり悪質な不正で、オーナーはスタッフの生活の足しになればという厚意でスタッフに廃棄を配っているのでしょうが、こんなことをされたらオーナーはかなり辛いでしょう。

このように不正をするスタッフは商品だけでなく、店のお金にも手をつける可能性があるので、少しでも不正をするスタッフが現れないように、廃棄を配りたくても配らないオーナーがいるのだと思います。

廃棄をもらうことが当たり前になると、どうしても罪悪感が薄くなるのでしょうね。

コンビニでアルバイトをする目的の一つが廃棄をもらうことという人は多いと思います。

しかし廃棄をもらうことは決してアルバイトの権利ではなく、あくまでオーナーの厚意であることを忘れないで下さい。

コンビニは責任者が常に監視しているわけではないので、どうしても不正が起きやすくなってしまいます。

もし、働いている店のオーナーが廃棄をくれる人だった場合は、常に感謝の気持ちを持って接するようにしましょう。

また、廃棄をもらえない店であったとしても、信頼を得られれば廃棄をもらえるようになる可能性がありますので、後はスタッフの努力次第だと思います。

廃棄を配れない理由を考えて、廃棄をもらえないからと言って、オーナーを冷たい目で見ないようにしてくださいね♪

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク