できる店長の特徴はライバル店を貴重な情報収集源にする!

店舗の近くにライバル店が新しくできたり、売上げが適わない店があったりすると、皆さんはどう思いますか?

ライバル店が潰れれば良いのに」と考える人と「何が自店に足りないのかな」と考える人に分かれるでしょう。

皆さんには、後者の店長になって欲しいと私は思います。

その理由について今回はお話させていただきます♪

スポンサーリンク



ライバル店は勝機があって出店してくる

元々ライバル店が存在しているエリアに新規で出店する側の立場であれば、相手を分析し意欲的に経営努力をすると思いますが、出店される側は悠長に構えている場合ではないですよね。

客が取られ売上げに影響するでしょうし、価格競争に巻き込まれると利益もこれまで以上に確保することが難しくなります。

ですので、「どうしてライバル店が出店してくるんだよ。いなくなればいいのに」とライバル店を拒絶するのは当たり前の反応です。

ただ、だからといって手をこまねいているとライバル店に差をつけられ、どんどん売上げが下がってしまう可能性が高いです。

ライバル店は、ここなら勝負できると勝算があって出店してくるからです。

当然売上げをこれまでと同等、もしくはそれ以上に確保しなければライバル店にそのエリアの主導権を握られるので、ライバル店対策をしなければなりません。

エリアの主導権を握られないようにすることがライバル店と闘うためのセオリーなのです。

できる店長はライバル店を利用する

ライバル店に勝つための戦略を立てるときは、基本的に誰でも自店の強みを活かす方法を取るはずです。

そこで、自店のデータを分析して強みと弱みを明らかにし、弱みによる被害を最小限に、強みによる恩恵を最大限にするように取り組むはずです。

このように分析してじっくり自店を見つめなおすことは、とても重要なことなのですが、できる店長は自店だけでなくライバル店を貴重な情報源だと捉え、得た情報を元に自店を分析するのです。

つまり、自店を主観的に分析するのではなく、ライバル店と比較することで客観的に分析をするのです。

店を運営する立場の店長は、基本的に自分の構想を持っています。

実際に身を持って体験したことや考えによって、理想の店舗の解を導き出し、1つの運営方針を決めます。

例えば、ビジネス街であれば日中はサラリーマンやOLがよく利用するが、夜になると閑散とするといったイメージが私達に定着しています。

ビジネス街にある店舗で働いていた経験を持つ人はなおさらです。

ですので、単純にビジネス街にある店舗は「朝から昼間は忙しく夜は暇」と「弁当や飲料がメイン」という勝手なイメージを連想させてしまいます。

大抵はそのイメージに沿って店の方針を決めていると思うのですが、言い換えればそのようなイメージはただの思い込みですよね。

人間は無意識に自己肯定する生き物で、何か不都合なことがあっても自分に都合の良いように解釈する傾向があります。

ですので、いくら自店を分析したとしても比較対象がなく、手元にあるデータと自分の経験や価値観でしか分析する方法がなければ、違和感のある数字を見逃しやすく、自分の考え寄りに結果を出してしまう可能性が高くなってしまいます。

このようなことが起こるので、正確な分析を行うためには、比較対象を設定し自分で新たな気づきを生むような環境を作ることが重要です。

できる店長はライバル店を自店分析の道具にすることで、新たな気づきを発生させやすくしているのです。

ピーク時こそライバル店に潜り込め

自店の真の強みや弱みを発見するために、ライバル店の懐に飛び込むことが重要になってくるのですが、私はピーク時こそライバル店を偵察して欲しいと思います。

ピーク時間はどこの店舗も一番力を入れる時間帯です。

大量に押し寄せる客数に対応するために、人員を増やしたり店長自ら表に出てオペレーションに参加していたりします。

商品ボリュームや展開方法もピークに合わせて変えていることもありますし、接客レベルも見ることができます。

つまり、自店と比較するポイントが一番多く、ライバル店に一番差を離される時間帯でもあり一番差をつけることができる時間帯でもあるのです。

自店のピーク時間は他店も同じピーク時間です。

ライバル店のピーク時の状況を見るだけで、人手不足や商品知識、接客能力、売上げ意識等が分かるので、一番参考になるピーク時にライバル店の視察に行くことをオススメします!

できる店長は、ライバル店の出現を喜ぶまではいきませんが、自店の成長のチャンスと捉える人が多いです。

スポーツや勉強もそうですが、同世代のライバルがいるからより自身の成長に繋がりますよね。

それと同じで、経営に関してもライバルがいることをチャンスと捉えましょう!

ライバル店のピークの時間帯がかなりのヒントになるので、もしよろしければ試しにピーク時に視察に行ってみてください!

最低でも週1くらい偵察に行くことをオススメします。

これまで気づかなかったことが新たに見つかるかもしれませんよ♪

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク