知らない間にスメハラをしているかも?体臭を改善して職場環境を良くしよう!

職場では意外と体臭を気にしている人が多いことをご存知でしょうか?

自分は大丈夫と思っていても、自分ではなかなか体臭に気づきにくいため、知らない間に周囲の人に迷惑をかけていることも。

今回は体臭問題を改善するためにどうしたらいいかを紹介します!

スポンサーリンク



体臭の原因

体臭にはいくつか種類があり、ミドル脂臭、加齢臭、疲労臭、ストレス汗臭、便秘臭、生活習慣臭などが上げられます。

主に、男性に多いですが、当然女性も体臭を発せいすることはあります。

ミドル脂臭

まず、ミドル脂臭ですが、汗に含まれる乳酸を頭皮のブドウ球菌が分解することで発生するジアセチルが原因で発生します。

つまり、頭皮にたくさんブドウ球菌が存在する人に発生する体臭です。

改善するためには、ブドウ球菌を減らすことが重要です。

ですので、しっかり洗髪をすることで頭部を清潔に保ちましょう。

気をつけるポイントは、髪を洗うというよりは、毛穴を洗うことに意識するということです。

頭皮をマッサージするように、洗うとブドウ球菌を減らすことができます。

また、頭皮のニオイが染み付いた枕カバーから再び髪へニオイがつかないよう、枕カバーは週に1回交換するとよいでしょう。

オススメシャンプーはこちら

クリニック&Dr監修ヘアケアとスカルプケアが同時にできる「バイタリズム」



加齢臭

加齢臭が発生の原因は、皮脂の脂肪酸が、過酸化脂質によって分解されることで生成されるノネナールという物質です。

ノネナールが生成される過程には、「身体の中の酸化反応」が大きく関わっています。

ですので、加齢臭は身体の中から改善することが重要で、いくら身体を洗っても加齢臭は一時的には落ちるが改善することはできないということがポイントです。

身体の外から改善

まず、加齢臭を落とすためには、皮脂や生成されたノネナールを落とす必要があります。

しかし、ノネナールは肌に付着しやすく水に溶けないので、シャワーを浴びた程度ではノネナールを落とすことはできません。

ですので、しっかり肌に付着したノネナールを落とすことを意識して、毛穴の汚れを落とすように擦って洗いましょう。

ただ、気をつけなければならないのは、皮脂は身体の潤いを保ち、肌を保護するという役目もあるので、全ての皮脂を落とすと肌のトラブルを引き起こすことになりかねませんので、力を込めてゴシゴシと洗うのはNGです。

洗う際は、加齢臭が発生しやすいポイントを外さないようにしましょう。

耳の後ろ、首の後ろ、肩や背中、眉毛から鼻にかけた「Tゾーン」は皮脂腺が多いので、ノネナールが発生しやすい場所です。

毎日皮脂を取り除いておけば、ある程度の加齢臭は抑えることができます。

身体の中から改善

皮脂をある程度落とせば、加齢臭を抑えられるといっても、日中活動していると皮脂は増えます。

いくらお風呂で丁寧に皮脂を取り除いていても、日中皮脂が増えてはノネナールが発生してしまうため、加齢臭を抑えることができません。

そもそもなぜ皮脂が加齢臭の原因になるのかですが、それは皮脂の脂肪酸が過酸化脂質によってノネナールが生成されるからなのです。

皮脂は誰もが持っているのですが、加齢臭を発する人と発しない人の違いは、過酸化皮質も持っているか持っていないかの違いということです。

ですので、加齢臭を抑えるためには、身体の中の酸化を抑えることが重要です。

身体の酸化を抑制する効果が高いのは、ジョギングや水泳などの有酸素運動をすることです。

有酸素運動をすることで、体内で活性酸素を無害化する働きがあるSOD(スーパーオキサイド・ジスムターゼ)という酵素が活性化されます。

つまり、身体の抗酸化能力を高めることができるということです。

逆に激しいスポーツや筋トレはなどの無酸素運動は、酸素を大量に吸って体温が上昇し、活性酸素が逆に増えて加齢臭に繋がるので、注意が必要です。

無酸素運動のスポーツ選手は、一般の人に比べて命が短いのはこれが原因であると考えられます。

他にも、加齢臭を改善するために、食事やサプリメントで抗酸化物質を摂取することも有効です。

抗酸化物質には、主にビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCなど)や、ポリフェノール、ルテイン、βカロテンがあり、野菜に多く含まれています。

ですので、加齢臭を発している人と発していない人の違いは、普段から野菜を多く食べているかどうかの違いとも言えるでしょう。

肉類や油中心の食事を取っている人は、加齢臭を発しやすく、野菜中心に食事を取っている人は加齢臭を発しにくいのです。

中には、野菜を多く食べていても無酸素運動など活性酵素が増えてしまうと、加齢臭を発する可能性があるので、仕事やスポーツで激しく身体を動かす人は、サプリメントで抗酸化物質を摂取することをオススメします。

オススメサプリメントはこちら

気になる臭いもこれで安心!【最後の門番】

最後の門番

加齢臭、ミドル脂臭に「メンズデオ7200」

デオ

疲労臭

疲労臭は、アルコール異常摂取により肝臓や腎臓などの機能が低下することによって、アンモニアが分解できず、汗と混じって出てくる体臭です。

生活習慣病の前兆でもあり、いち早く改善することが求められます。

暴飲暴食、過度のアルコール摂取などを避け、適度な有酸素運動をすることが改善する方法です。

アンモニア臭がし出したら、注意が必要ですが、改善に取り組めば体臭を取り除くことができます。

ストレス汗臭

疲労臭のようにアンモニア臭に近い汗による体臭です。

原因はストレスやそれによる睡眠不足などです。

ストレスは職場環境によるものの場合は、自分の力ではどうすることもできないので、小まめに細菌を減らすことを意識しましょう。

細菌の繁殖や増殖を抑える石鹸やデオドラント製品を使用したり、衣服を小まめに着替えたりして、常に肌を清潔に保つようにしましょう。

オススメボディーソープはこちら

加齢臭・体臭・汗臭予防に!!【プレミアム ボディーソープ】



便秘臭

腸内環境が悪化し便秘になると、腸内の便や発酵ガスが体中を巡り、汗や皮脂とともに全身から便臭が発生します。

この症状は性別年齢を問わず、誰にでも発生する可能性があります。

排便が上手くいっていない方は、気をつけた方がいいかもしれません。

ただ腸内環境を整え、便通を良くすれば改善されるので、食事やサプリメントで食物繊維や善玉菌を摂取するようにしましょう!

オススメサプリメントはこちら

新感覚!ジュレタイプの青汁【黒糖抹茶青汁寒天ジュレ】



スッキリが続く毎日を!【たよりのおめぐ実】



生活習慣臭

動物性たんぱく質をよく摂取する人は皮脂の分泌を増やし、腸内で発酵するため、強い体臭を発するようになり、揚げ物など油分の多い食べ物も、体内で活性酸素を発生させ、加齢臭をより強くします。

また、タバコは体内の活性酸素を増やし、皮膚や髪、口などに臭いが付着し、アルコールを大量に飲むと代謝時に刺激臭を発します。

これらのように、生活習慣が原因の体臭は、食事メインで改善することになります。

基本的に加齢臭と同じように野菜やサプリメントから抗酸化物質を摂取することが重要です。

また、タバコやお酒を好む人は、今摂取している量を少しでも減らす努力をしましょう。

体臭問題を解決するためには、こうした努力が必要なのです。

まとめ

加齢臭に限らず、ほとんどの体臭は身体の中の健康状態に関係してくるので、基本的に食事で改善することになります。

また、有酸素運動をすることで、身体の酸化を抑制することができ、身体を若く保つことができるようになるのです。

女性は、男性の体臭にかなり敏感なので、女性と関わることが多い職場では特に気をつけた方が良いでしょう。

食事や運動をコントロールすることが難しい方は、サプリメントで抗酸化物質を摂取すれば、ある程度の体臭を改善することができるので、今回紹介したサプリメントを試してみてはいかがでしょうか♪

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク