店長補佐候補を輩出するためには?アルバイトに店長になりたいと思わせられる店長になろう!

「アルバイトから店長って大変そうですよね」と言われることはあっても、「店長って面白そうですよね」と言われたことはなかなかないですよね。

アルバイトから店長職について興味を持ってもらうことで、仕事へのモチベーションが大きく変わってきます。

皆さんは、アルバイトに店長職のプラスのイメージよりもマイナスのイメージを強く植えつけていませんか?

スポンサーリンク



店長職のマイナスのイメージ

店長職は正直辛いことの方が多いですよね。

・利益を出すことが使命だが、利益の上限がないこと

・様々な年齢層や性格のアルバイトをまとめなければならないこと

・アルバイトがすることに全責任を負わなければならないこと

・業務がハードにも関わらず低賃金であること

・本部やSVから強制的に仕事をさせられること

・休みが不定期で残業や休日出勤が当たり前であること

私が思い浮かんだ店長職の辛いことはこんな感じです。

人によってはまだまだ出てくると思いますが、とにかく確実に言えることといえばコンビニ店長って辛い立場にあるということですかね(笑)

私は、自分の思ったことは本社の人間であろうとSVであろうと、真正面からぶつかり納得がいくまで話をし合い、アルバイトとも積極的にコンタクトを取るタイプだったので、私がコンビニ店長をしていて一番辛かったのは労働に見合った報酬を得られないということですかね。

頑張った分給料が上がればいいですけど、直営店勤務だったので上乗せは無く、給料は一般社会の給料の平均よりも下の基本給に店長手当てが付いただけでした。

まあ、休みが無さ過ぎてお金を使う暇が無かったので、十分貯金はできましたけどね(笑)

店長として辛いことが多いので、店にいる間どうしても顔がしかめっ面になったり、体力的にも精神的にきつそうにしたりすると、どうしてもアルバイトは「店長って大変そう」、「店長にはなりたくない」という思いが強くなります。

そうすると、いつまで経ってもアルバイトから店長補佐候補が生まれないので、いつまで経っても店長一人で店を回さなければならなくなり、非常に辛い孤独な状況が続くことになります。

アルバイトから仕事のパートナーを輩出させるためには、アルバイトに与える店長職のマイナスイメージを減らす必要があります。

店長のプラスのイメージ

アルバイトからマネージャーや副店長になってもらう人を輩出させるためには、店長職について興味を持ってもらう必要があります。

楽しそうや成長できるかもといった自分に対してプラスに働く場合に興味が発生します。

ですので、日ごろから店長はアルバイトに対して店長職のプラスのイメージを与えておかなければなりません。

では、店長職のプラスのイメージはどのようなものがあるのか考えてみてください。

・努力すればするだけ結果が付いてくる

・幅広いタイプの人とコミュニケーションを取ることができる

・店の運営において自分で舵を切ることができる

・業務内容は簡素化されているので慣れれば誰にでもできる

・本社やSVから大まかな指示を得られるのでビジョンが見えやすい

・人員をしっかり整備すれば、残業もなく休日も自由に選べる

このような感じでしょうか。

私は仕事にやり甲斐を求めるタイプで、運が良いことに超がつくほどのポジティブな人間なので、利益に上限が無くて終わりが見えないということに対しては、それだけ頑張れば頑張るほど利益として現れるということで、仕事に対するモチベーションにすることもできましたし、結果を出すためには残業や休日出勤も自発的に喜んでやっていましたね。

寧ろSVから頑張りすぎだから頼むから休んでくれと頼まれたぐらい店長の仕事が好きでした。

プラスのイメージは裏返せばマイナスになり、マイナス色の方が濃いですが、そこは店長の捉え方次第なのかなと思います。

まとめ

プラスとマイナスは表裏一体です。

普段マイナスに捉えがちな方は、ひっくり返してプラスなイメージを思い浮かべてみてください。

店長が何事もプラスに捉え行動するようになると、自然とアルバイトには店長が楽しそうに仕事をしている姿が映るはずです。

人間とは不思議なもので、例えば、ピーマンが嫌いな人がピーマンを幸せそうにたくさん食べている人を見ると、「少しは食べてみようかな」と思うようになります。

つまり、店長が本来は辛いはずの仕事を楽しそうに前向きに取り組んでいる姿を日ごろからアルバイトが見ていれば、店長職に対して興味を抱くアルバイトが現れるということです。

店長までは自信がないという人でも、店長補佐として店長業務を手伝ってくれるようになるかもしれません。

アルバイトから店長になりたいと思ってもらうことで、より店長の仕事の幅が広がるので、マイナスのイメージではなくプラスのイメージを与えられるように、仕事をポジティブに捉える癖をつけるようにしましょう!

 

 

 

 

どうもこんにちは!マツタイです!

私の記事をご覧いただきありがとうございます!

私はどんなときでもポジティブに思考を切り替えられる性格とコンビニ店長時代の経験を活かして、今はポジティブ心理コンサルタントをしています♪

私はコンビニに限らず店長職は孤独な職業だと思っています。

仕事に関すること、人間関係、モチベーションなどで悩みを抱え、誰にも相談できずにいる方は多いと思います。

私も店長時代多くの問題に直面しましたが、誰も相談する相手がおらず一人で抱え込むことが多かったですが、持ち前のポジティブ思考で乗り越えてきました!

もし仕事に関することで悩みを抱えている方は一人で抱え込まず、ぜひ私にご相談ください!

もちろん、店長に限らず、マネージャーやアルバイトなどのスタッフの方の悩み相談も大歓迎です!

仕事の依頼なども受け付けますので、お気軽に下記にご連絡ください♪

 

Twitter→@taiconve

Facebook→https://www.facebook.com/taiconve

taiconve@yahoo.co.jp

元コンビニ店長が質問に何でも答えます 誰にも相談できずに悩みを抱えている方へ

 

 

 

過去の経験を踏まえて、働く上でためになる情報をお届けします!
ぜひ登録してみてくださいね♪



ポジティブに仕事をするためのメルマガ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

スポンサーリンク







もしこの記事を気に入っていただけた方は、評価や拡散をお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を気に入っていただけた方はクリックして投票をお願い致します!

スポンサーリンク